テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

“謎の美女”ベッキー、城田優と濃厚キス!…からの、婚約者と発覚<私のおじさん>

就職した途端、超過酷ロケで有名なバラエティ番組に配属されたポンコツ新人AD・一ノ瀬ひかり(岡田結実)。彼女の前に突如現れたのは、「妖精」を名乗るおじさん(遠藤憲一)だった――。

どうやらひかりにしか見えていない、陽気で毒舌で性格サイアクな妖精のおじさんとともに始まった珍妙なお仕事ライフを描く金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』

©テレビ朝日

2月22日(金)に放送される同作の第6話では、謎の美女・麗華(ベッキー)との濃厚キスのあと、突如、妖精おじさんが見えるようになってしまった千葉(城田優)が大混乱。

恋のライバルとして闘志を燃やすひかりをよそに、麗華は千葉に新進気鋭のネットメディア社長を紹介。ニューヨークに行かないかと引き抜きを持ち掛ける。

番組か、それともNYか。人生最大の選択の答えは…?

◆第6話あらすじ

謎の美女との濃厚キスのあと、突如、妖精のおじさん(遠藤憲一)が見えるようになってしまった千葉(城田優)。しかし“なぜ見えるようになったのか”、その理由は謎に包まれたまま。

翌日から、会社でも家でもおじさんに付きまとわれて、千葉は大混乱。1人虚空に向けてブチ切れる奇怪な姿を見て、馬場(青木さやか)や九条(戸塚純貴)は「働き過ぎでおかしくなったのではないか」と唖然。

プロデューサーの泉(田辺誠一)も“働き方改革”と称して千葉を休ませ、代わりにチーフAD・出渕(小手伸也)をディレクターに昇格させる。

©テレビ朝日

一方、コインランドリーで千葉と濃厚キスしていた女・麗華(ベッキー)はなんと、千葉の婚約者であると発覚。

恋のライバル出現に戦々恐々とするひかり(岡田結実)をよそに、麗華は千葉に、新進気鋭のネットメディア界の寵児・神渡(浦井健治)を紹介。「ニューヨークでドキュメンタリーを撮らないか」と引き抜き話をもちかける。

当初は「転職なんてするつもりはない」と抵抗していた千葉だが、親友の泉にアッサリと「自分のやりたい方を選べば?」と言われ、更にはおじさんからも「千葉ちゃんの夢は何?」と問い詰められ、徐々に麗華と神渡の提案に気持ちが傾き始め…。

©テレビ朝日

そんななか、番組ディレクターを任されて調子に乗りまくっていた出渕が、「ヤッテミー」初の生放送を提案! しかし放送直前に事故が発生し、絶体絶命のパニック状態に…?!

ねぇ妖精おじさん。大人になったら、人は“夢”を忘れてしまうのでしょうか…? 新しいことに挑戦するためには、今いる場所を捨てなければならない。番組か、それともNYか。人生最大の選択の答えは…。

※番組情報:金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』第6話
2019年2月22日(金)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事