テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

東日本大震災からの復興の様子を100か所以上で定点撮影。Google マップで可視化へ

テレビ朝日は、東日本大震災とその後の復興の様子の映像をGoogle マップの上で可視化するニュース企画サイト「●REC from 311~復興の現在地」を2月21日に公開した。

この取り組みは、デジタルニュースの信頼性と質の向上を目指すGoogle ニュース イニシアティブ(GNI)の支援を受け実現したものだ。

 

 

テレビ朝日報道局では、東日本大震災直後からカメラマンが中心となり、「震災以降」の被災地の風景の変化を同じ場所・同じアングルから撮影する「定点撮影」に取り組み続けている。

「●REC from 311~復興の現在地」では、被災地など100か所以上の「定点撮影」映像と、テレビ朝日をはじめとするANN系列(全国26局ネットワーク)で制作・放送された復興関連のドキュメンタリー番組やニュース企画の映像を集約し、Google マップ上でそれぞれの現場にあたる地点に埋め込んでいる。

震災から8年間の時間の流れやそれぞれの場所で何が起きていたのかが直感的に分かり、地図上を移動するように視聴していくこともできる同サイト。大震災の記憶を風化させないために、地上波テレビ放送とは違うアプローチで何ができるかを模索し、インターネットならではの表現にこだわった。

 

 

 

また、テレビ朝日が中心となって運営するYouTubeチャンネル「ANNニュースチャンネル(ANNnewsCH)」は昨年12月、GNIの一環で、動画ニュースの革新に向けたYouTube イノベーション ファンディングの対象に選ばれた。

「●REC from 311~復興の現在地」では、ANNニュースチャンネルで展開してきた動画とGoogle マップを連携させ、震災からの復興の記録としてまとめた。

このウェブ企画を制作・運用するため、YouTubeへの動画投稿とGoogle マップへの埋め込みを同時に行える配信システムを開発。今後もこのシステムを活用して、映像を地図上で見せるデジタルニュース企画を様々なテーマで展開していく予定だ。

※デジタルニュース企画サイト『●REC from 311~復興の現在地
※YouTube ANNニュースチャンネル(ANNnewsCH

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事