テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

瀧本美織、怒り爆発!沢村一樹と“大ゲンカ”、「おっさん子ども~!」と怒鳴る

刑事拝命以来20年間の記憶を失った“記憶ゼロ”の刑事・時矢暦彦が、難事件に挑んでいく木曜ミステリー『刑事ゼロ』

沢村一樹演じる時矢と瀧本美織ふんする佐相智佳の凸凹コンビのコミカルなやりとりは、毎回話題をよんでいる。ところが、2月21日(木)に放送される第7話では、そんな時矢と智佳が大ゲンカの末、ついに決裂! コンビ解消の危機が2人に襲いかかる。

©テレビ朝日

第7話は、東京、京都、仙台で同時発生した、不可解な自殺の謎に時矢暦彦が挑むストーリー。

しかし冒頭、記憶を失う前とは打って変わってだらしがなく、デスクの片付けすらできなくなった時矢に、智佳は怒り爆発! 今のがさつさは、ただの“老けた子ども”だと注意し、挙句の果て、「おっさん子ども~!!」と怒鳴ってしまう。

これには、時矢も「…お、お、おっさん子ども…!?」と猛反発。「もう勝手にやるからね! どうせ、オレは“おっさん子ども”なんだから!」とまさに大人とは思えない逆ギレを見せ、捜査協力を持ちかけてきた警視庁刑事とともに同時自殺事件の真相究明に乗り出すことに…。

一方、智佳は同僚の内海念也(横山だいすけ)とともに、連れ去り事件の捜査へ。しかし、時矢にとって、智佳は記憶を失う前の“ビフォー時矢”が扱った事件や人間関係をすべて知り尽くした、いわば“外付けHDD”的存在。ずっと頼りにしてきた智佳と決別した時矢は、不可解な同時自殺の真相を突き止めることができるのか…?!

ちなみに大ゲンカシーンの撮影では、沢村と瀧本が絶妙な掛け合いを披露! 息の合ったアドリブ合戦を繰り広げ、カットがかかった瞬間、スタジオ中が大爆笑に包まれたそうだ。

はたして、時矢&智佳はこのまますれ違ってしまうのか? そして、自殺者の心を操り、自殺へと導いた黒幕とは…?!2月21日(木)放送の第7話に注目だ。

※番組情報:木曜ミステリー『刑事ゼロ』第7話
2019年2月21日(木)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事