テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

容赦なく飛ぶ、鬼教官の怒号!オートレーサー目指す20歳女子、超厳しい寮生活で奮闘

バナナマンがMCを務め、世のなかのありとあらゆるものの“ソノサキ”にある驚きと感動のドラマを笑いとともに届けるバラエティー番組『ソノサキ~知りたい見たいを大追跡!~』

©テレビ朝日

2月19日(火)の同番組では、新井恵理那といとうあさこをゲストに迎え、「愛する娘が親元を離れたソノサキ~スタジオで母親が見守ります」を放送。

娘をオートレースの世界へ送り出したお母さんとともに、最愛の娘が今どんな世界でどんな生活を送っているのかを追跡したVTRを見守る。

◆超厳しい寮生活&怖い鬼教官!

バイクに乗ったレーサーたちが“命の危険”と常に隣り合わせという緊張感のなか、1周500メートルのコースを猛スピードで走る公営競技「オートレース」。全国およそ400名の選手がしのぎを削るなか、なんと最近では女子選手も数多く活躍しているそう。

今回の主役・信澤綾乃さん(20歳)は、この壮絶な世界へ新たに飛び込んだ女子オートレーサー候補生。お母さんが心配するなか、プロになって賞金で親孝行をするために親元を離れてオートレース選手養成所に入り、9カ月におよぶ訓練を積んでいる最中だという。

そんな彼女を追って、カメラは養成所へ。候補生たちが寝食をともにするこの場所で、綾乃さんを含む候補生20名の生活に密着取材! すると、“早朝6時からのハードな訓練”、“3歩以上の移動はダッシュ”など、厳しいルールがいっぱい。

さらに、命がけの職業だけに、緊張感の足りない候補生たちには“鬼教官による怒号”が容赦なく飛ぶ…!

©テレビ朝日

また、候補生たちは体重60kg以下をキープしなければならないのだが、食べ盛りの若者たちにはそれがとても難しい。

月に1度の外出日に、候補生たちはショッピングモールに繰り出し、ここぞとばかりに爆食い! 養成所に戻って体重測定すると、そこにはスタジオ大爆笑の数値が…。

そんななか迎えたのは、将来プロになれるかどうかの中間見極めをする“判別試験”。これに落第すると、夢半ばにして養成所を出なければならない。

そんな重大な試練を前にして、綾乃さんが告白した本音とは…? 果たして彼女を待ち受ける運命は…? ひたむきな彼女の頑張りに注目だ!

※番組情報:『ソノサキ~知りたい見たいを大追跡!~
2019年2月19日(火)午後11:20~深夜0:20、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事