テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

伸びた枝に近隣住民が迷惑…ヒロド歩美アナ、断固拒否する住人の説得に乗り出す

日本各地で起こっている所有者不明の空き家問題に真っ向から取り組み、解決策を導き出していく特番『所有者不明!!解決!空き家バスターズ2』が、2月17日(日)に放送される。

©ABCテレビ

日本全国に数多く存在する所有者不明の空き家。その土地面積は、なんと九州の面積よりも広いと言われている。そして、その所有者不明の空き家は、日本各地で様々な問題を引き起こしていることもわかってきた。

同番組では、そんな多種多様な空き家問題に取り組むべく、日本各地に点在する空き家の所有者を探し出し、問題解決に乗り出す。

◆かつて栄えた町に寂しく佇む古びた豪邸

かつて銀山の町として栄えた兵庫県生野町。そこにモダンな洋館風の空き家を発見。バスターズが現地を訪れてみると、確かにおしゃれな外観だが、壁が剥がれ落ち、屋根瓦もあちこちに落ちている。

近隣住民は、「建物の前の道は学校の通学路になっており、とても危険」と毎日気にかけているそうだ。

地元住民への調査を続けると、かつての所有者は建築士で工務店を営んでいたことが判明。しかし現在は亡くなっており、所有権はその息子さんにあるのだという。

さらに、その家の中の壁には元総理大臣や大物財界人のお宝があるとの話も…。バスターズは息子さんが暮らしている川崎へと向かい、直接話を聞くことに。そして、廃墟となった豪邸の秘密が明かされる。

◆都会のど真ん中、木々に埋もれた前田邸はいま!?

また、第1弾の放送で空き家に違いないと疑うことなく調査した、東京・代々木の木で覆われた一軒家。実は前田さんという男性が一人暮らしをしており、まるで廃墟のような家での驚愕の暮らしぶりが明らかになった。

バスターズは、その後も前田さんへの密着取材を続行。覆いかぶさるように生い茂った木の枝が隣の家やマンションのベランダにまで伸びており、近隣住民はかなりの迷惑を被っていたため、バスターズは木を切る交渉を続けていたのだ。

しかし、およそ半年にわたる交渉でも「木は切りたくない」と頑なに首を横に振り続ける前田さん。そこで、その説得に乗り出したのはヒロド歩美(ABCテレビアナウンサー)。

近隣住民が迷惑しているのを目の当たりにしたヒロドは、「もったいないから切りたくない!」と断固拒否する前田さんに、あの手この手で熱く粘り強く説得を続けるが…。

※番組情報:『所有者不明!!解決!空き家バスターズ2
2019年2月17日(日)午後 6:30~午後 8:54、ABCテレビ・テレビ朝日系全国ネット

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事