テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

容疑者は、殺した記憶のない美女。沢村一樹、複数の“顔”を持つ女を捜査【刑事ゼロ】

刑事拝命以来の20年間の記憶を失い、捜査テクニックも刑事としてのノウハウもすべてが消えてしまった“ゼロ状態”の男――。沢村一樹がそんな異端のヒーローに挑む木曜ミステリーの新ドラマ『刑事ゼロ』

©テレビ朝日

2月14日(木)に放送される第6話では、私立中学校校長が殺害される。

容疑者としてひとりの女(森口瑤子)が浮かび上がるが、彼女は記憶を失くしていた―。自らの名前すらわからないすべてが謎の女。しかし捜査していくうちに、いくつもの“顔”があったことが判明する。

20年の記憶を失った刑事ゼロVS殺人の記憶をなくした美女…驚くべき事件の真相とは?

◆第6話あらすじ

©テレビ朝日

進学校として有名な私立中学の校長・須藤公彦(阪田マサノブ)の刺殺体が、雑居ビルの屋上で発見された。事件直後、犯人と思われる女(森口瑤子)が屋上から飛び降り自殺を図ったが、植栽がクッションとなったため奇跡的に軽傷だった。

遺体に突き刺さったままのナイフにはその女の指紋が付着しており、傷痕の状態から被害者に強い恨みを抱いていたことがうかがわれた。

ところが、取り調べを受ける彼女の様子を見た時矢暦彦(沢村一樹)は、衝撃を受ける――。なんと容疑者の女は事件のショックから記憶を失ってしまったらしく、自らの名前さえ覚えていなかったのだ…!

©テレビ朝日

DNAや指紋のデータベースには該当者が見当たらず、女の素性すらわからない上、被害者との接点も不明――。“すべてが謎の女”に困惑した福知市郎(寺島進)らは、状況証拠は彼女の犯行を裏付けているのだから、さっさと送検して終わりにしようと言い出す。

しかし、同じく刑事拝命以来20年間の記憶を失くしている時矢は自らの状況を重ね合わせ、「彼女の記憶が戻らない限り、真相はわからない」と主張。

©テレビ朝日

「これは自分が解くべき事件だ」と心に決め、新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)とともに彼女の記憶のかけらをつなぎ合わせるべく奔走するが――すると、その女は、弁護士、記者などいくつもの名刺を使い分けていたことが分かる!

はたして謎の女は正体とは…!? 時矢がたどり着いた、驚くべき真相とは…!?

※番組情報:木曜ミステリー『刑事ゼロ』第6話
2019年2月14日(木)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事