テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

TEAM NACS出演番組、全国放送第5弾!「非常に危険」「全国では流せない…」

森崎博之・安田顕・戸次重幸・大泉洋・音尾琢真らの演劇ユニット「チームナックス」が出演するHTB(北海道テレビ放送)の人気番組『ハナタレナックス』。

同番組の特番『ハナタレナックスEX(特別編) ニッポンが行きたい北海道~ドキドキ!札幌すごろくツアー~』が、2月10日(日)に全国放送される。

©HTB 北海道テレビ

札幌市内のスタジオで記者会見が開催され、TEAM NACSの5人と進行役として出演する石沢綾子アナウンサーが登壇。

“ぼやき連発”の爆笑会見の模様は以下。

◆戸次重幸「素のままやってしまっている」

©HTB 北海道テレビ

森崎:「全国放送ということですけど、いつも通りのスタッフ、メンバーとの関係で、とくに全国だからと肩肘を張ることなく、いつも通りの番組収録ができたような気がします。

北海道内のみならず北海道外の人たちにも、普段着のままの16年続く私たちの番組を見ていただけると思います」

安田:「(全国放送を始めた頃は恥ずかしくて)あまり見て欲しくなかったものが、ここまで来ますと、逆に意地になって、続けてやろうじゃないかという気になる次第でございます。

(今回の企画の)サイコロすごろくではないですが、振り出しに戻って、初心に帰って、ここからスタートという風に思う次第でございます。ぜひ、ご期待下さい! よろしくお願いします」

©HTB 北海道テレビ

戸次:「思い返せば最初の全国放送のときには、(全国放送用に)猫かぶろうと思っていたのを覚えております。しかしもう、5回目にもなると、全くそんな気概もなくなり、いつも通りの北海道内ローカルレギュラー放送用の『素のままの戸次』でやってしまっているなという感覚でしたね。

このハナタレナックス全国放送というのは、東京の撮影現場でも同業者の方から、よく『見たよ』って言われるんですね。これがまた非常に恥ずかしくてですね。東京では私も役者でやってますので、多分に猫をかぶって現場にいるわけですけど、ハナタレを見られると、それがバレてしまう(笑)。非常に危険なコンテンツになってしまっています

大泉:「やはり北海道といえば、一番観光客が多いのも札幌だと思うので、札幌に縁のある私たちがオススメスポットをご紹介したい。そして、多くの方に北海道に来て欲しい! 僕は他のメンバーとは違って、そういうことを考えながらロケに参加していました。

(記者の皆さんには)北海道のために是非記事にしていただければと思っております。他のメンバーはそんなこと全然思ってないようですが(笑)」

戸次:「ずるいぞ、お前!(笑)」

音尾:「全国放送5回目ということで、最初にやったときにはよそ行きな感じで、メンバーもあんまり喋らなかったというのを覚えております。番組スタッフもやっぱりお昼の全国の放送時間ということで考えたんでしょうね。

ただ5回目にもなりますと、メンバーは普段のようによく喋っている。『あ、これは全国では流せないんじゃないかな』という、他愛のなさすぎるひどい会話とかもですね、そのままやっておりました」

◆スタッフとナックスの裏の対決も?

©HTB 北海道テレビ

また、「チームナックスを誰よりも知っている」という杉山ゼネラルプロデューサーと品田プロデューサーは次のように話す。

杉山ゼネラルプロデューサー:「メンバーからは、今まで以上に素の出ている番組になっているという話がありましたが、これまで全国放送になると、(レギュラー放送より多めの)予算のつかい方も分かっていないし、よく見せようというスタッフの魂胆が見え隠れして面白くないと、メンバーから常々言われまして(笑)。

確かに気負っている部分とか、ちょっとよそ行きにしようかとか、日曜のお昼という放送時間を考えて工夫していたところもあったんですけれど、今回は『いつものハナタレナックス』を全国の皆さんにそのままお届けできないかということを考えました

第4弾までのロケ地は函館や小樽などの有名観光地を巡ってきましたが、今回は彼らの“ホーム”とも言える札幌を舞台に、サイコロを転がしながらすごろくツアーという企画を選びました。

観光案内的な要素も少し抑え、よりバラエティーに寄ったゲーム性の強い作りになっています。その甲斐あって、チームナックスの素の面白さとか、セコさとか、ズルさとか、あさましさとか、そんな一面が…」

戸次:「出てますかね、そんなとこ?(怒)」

杉山ゼネラルプロデューサー:「今まで以上に、番組のなかに占める、ぼやきとか、怒りの割合が高まった回になったんじゃないかなと。普段北海道でやっているハナタレナックスそのままを、今回は全国の皆さんにお届けできるんじゃないかと思います」

品田プロデューサー:「実は杉山以外のスタッフはチームナックスのメンバーより全員年下となっておりまして。

スタッフも入れ替わって現在の体制になっているんですけど、とにかく、今回のロケに関しては、『一流俳優』である彼ら5人をコントロールしたい若いスタッフと、それを全くさせないナックスの『裏の対決』がところどころに見え隠れしております。そんな『攻防』も裏側にあることを面白がって、楽しんで観ていただければと思います」

◆ハナタレスタッフのすごいところは…

©HTB 北海道テレビ

また質疑応答では、記者からの「チームナックスのみなさんからみて、スタッフのすごいところを教えて下さい」という質問にも答えた。

――先程、プロデューサーから、今回の番組に対する思い、チームナックスへの思いが伝わってきました。逆にチームナックスのみなさんからみて、スタッフのすごいところを教えて下さい――

大泉:「とにかくミスがすごかった!(笑)」

戸次:「すごかったね(笑)。ミスしても自分たちで編集するから、自分たちがミスした部分は全部カットして放送するのが、ムカつくんですよ」

音尾:「隠ぺいですよ」

大泉:「(番組のすごろくボードを指して)行った場所に『済』って貼るシールあるでしょ? そのシールが足りなくなるんですよ!」

戸次:「そんなことあります?(笑)。それで関係ないシールを貼ろうとするんですよ! 形部くん(=形部彰ディレクター)っていうんですけどね」

大泉:「形部ディレクターは、自分のミスにはえらい寛大なんだけど、俺たちに対するルール設定にはえらい厳しかったよね。(形部Dにそっくりのモノマネで)『いやー、ですから、これはダメでしょ。ズルはゆるせません』って。そういうところが『すごかった』ですね(笑)」

※番組情報:『ハナタレナックスEX(特別編) ニッポンが行きたい北海道~ドキドキ!札幌すごろくツアー~』
2019年2月10日(日)午後1:55~3:20、テレビ朝日系列24局全国ネット

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事