テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

終着駅の牛尾刑事、50回記念作が放送!原作者・森村誠一「深い感動を覚える」

寡黙にして実直、執念の捜査で事件の奥底に潜む真実を探る、新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと牛尾正直(うしお・まさなお)。

彼が活躍するシリーズ第50作目のドラマ「森村誠一ミステリースペシャル『終着駅牛尾刑事50作記念作品~荒野の証明』」が、1月27日(日)に放送される。

©テレビ朝日

“終着駅シリーズ”は、1990年に「土曜ワイド劇場」でスタート。第5作目(1996年)から片岡鶴太郎を主演に据えて歴史を重ね、本作が第34弾。

牛尾刑事が週刊誌記者・川村冴子(水野真紀)とともに事件の謎を解く『終着駅の牛尾刑事VS事件記者・冴子』シリーズ(計16作)と合わせると、今回放送される『荒野の証明』が牛尾刑事登場50回記念作となる。

©テレビ朝日

牛尾刑事が森村誠一氏の原作に初めて登場したのは、1987年1月刊行の『駅』。以来30年以上の長きにわたって、牛尾刑事は大都会の片隅で殺害された被害者の無念を晴らすべく、奔走してきたことになる。

そんな記念すべき50回スペシャルで牛尾刑事が挑むのは、大手繊維メーカーの創業記念パーティーの会場で絞殺死体が発見された事件。しかし、捜査をはじめた牛尾たちのもとに、本庁の捜査二課から女性係長・関川響子(高島礼子)が乗り込んでくる。

響子は、詐欺や汚職事件を扱う二課の捜査は秘密保持が原則だとして、自分たちの手の内をまったく明かさず、新宿西署の面々と対立。日に日に不協和音が高まっていくなか、牛尾刑事はある失踪事件との関連に気づいて…!?

“牛尾が女性刑事と並走して事件を追う”という展開は、長いシリーズの歴史の中でも初めてのこと。殺人と失踪――2つの事件はどうつながっているのか? 一連の事件の根底に秘められた悲しき真実を牛尾刑事が暴いていく。

©テレビ朝日

そして、その記念作のオンエアを前に、原作者の森村誠一氏がメッセージを寄せた。

◆森村誠一 コメント

――牛尾刑事が原作に初めて登場したのが、1987年1月刊行の『駅』。昨年は“牛尾刑事誕生30周年”でもありました。牛尾刑事という人物に込めた、先生の思いを教えてください

「牛尾刑事は、私がホテルマンをやっていたときに知り合った元刑事の牛尾さんからきています。実在の牛尾さんに私はいろいろ教えてもらうことが多かったこともあり、最初から愛着のあるキャラクターでした」

――第5作目から23年間にわたって牛尾刑事を演じてきた片岡鶴太郎さんには、どのような印象を持っていらっしゃいますか?

「片岡さんの出る映画やTVをよく観ていたので、牛尾刑事を演じてもらえたのは光栄でした。撮影現場に伺ったことも良い思い出です。私の原作を丁寧に読み込んでくださったのも嬉しかった」

――1990年放送の第1作から『終着駅』シリーズの監督を務めてこられた池広一夫監督には、どのようなお気持ちを抱いていらっしゃいますか?

「私の作品を非常によく理解してくださっていて、そんな方が長年シリーズの監督をしてくださったことに心から感謝しています。撮影現場でもいろいろな話をして、彼には大変親しみを感じています。池広監督の作品は大好きで、彼が作った映画やTVは全部観ています」

―― “牛尾刑事50作目”という節目を迎える『終着駅シリーズ』に、メッセージをお願いいたします

「『終着駅』という言葉を聞くと、芭蕉の『旅に病んで夢は枯野をかけ廻る』という句を思い出します。ひとりの人間として、作家として、いつも自分は『途上だ』と思ってやってきているので、『終着駅』には、決して到達し得ないという気持ちと、それゆえの憧れをこめています。そんなシリーズが、多くの方に愛されて、ここまで長く続いていることに、原作者として深い感動を覚えます」

※番組情報:日曜プライム『森村誠一ミステリースペシャル 終着駅牛尾刑事50作記念作品~荒野の証明』
2019年1月27日(日)夜9:00~夜11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事