テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

柳澤秀夫、退社の理由は“再雇用期間の終了”。「まじめに勤め上げただけ」

1月23日(水)に放送される『徹子の部屋』に、昨年9月にNHKを退社した柳澤秀夫が登場する。

©テレビ朝日

現在、『ワイド!スクランブル』のコメンテーターを務めている柳澤。民放のレギュラー出演は初めてで、会う人会う人に声を潜めて「何故NHKを辞めたんですか?」と聞かれてしまうという。

実際は、定年後の再雇用期間が終了したためで、「まじめに勤め上げただけなんです」と答えているそうだ。

外報部の記者時代は、カンボジア内戦やミサイルが飛び交う湾岸戦争を取材してきた。

文字通り飛び出したら戻らない“鉄砲玉”のような人生を送り、中学の同級生だった妻に子育ては任せきり。「うちにはお父さんはいない」と言われていたという。

©テレビ朝日

そんな百戦錬磨の柳澤は54歳で肺がんを患い、大病の告知にショックを受け病名を口に出来ないほど打ちのめされてしまったと話す。

戦場では死を恐れたことが無かったのに、「死にたくない、半年でもいい長く生きたい」と思った自分の弱さを恥じていた柳澤。救ってくれたのは、90歳を過ぎ死の間際だった母の言葉だった。

※番組情報:徹子の部屋
2019年1月23日(水)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事