テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『ポツンと一軒家』に東京大学の施設!? その先に想像以上の展開、温かい話が

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。そこには、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか?

衛星写真だけを手がかりにその地へと赴き、地元の方々からの情報を元に一軒家の実態を徹底調査しながら、人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく番組『ポツンと一軒家』

©ABCテレビ

1月20日(日)放送の同番組でMCの所ジョージとパネラーの林修と共に“ポツンと一軒家”を見守るゲストは、勝村政信と持田香織だ。

◆千葉県にあるポツンと一軒家

千葉県は房総半島の山の中に、ポツンとある建物を発見。

完全に森に囲まれている敷地で、近くに道路は見当たらず隔離されているようにも見える。「結構広い土地ですし、完全自給自足しているご家族かな」(勝村)、「山奥のごはん屋さんとか商売をされてそう」(持田)とゲストたちは想像をふくらませる。

©ABCテレビ

最寄りの集落を訪ね、地元の人に話を聞く捜索隊。すると、衛星写真も見ないで、「一軒家といえば、橋の向こうにあるボート屋の上の一軒家じゃないか」といきなりポツン情報が。道案内をしてもらった後でようやく衛星写真で確認してもらうが、「そうそう丸太小屋がある」といきなり有力情報に出会う。

教えてもらった道を順調に進む捜索隊だったが、その途中で道は通行止めになっており、丸太小屋のある場所へ行くことができない…。通行止めの近くにあるキャンプ場で衛星写真を確認してもらうと、「なにぃ!この建物は丸太小屋じゃねぇよ!」とまさかの情報にとまどう捜索隊。

再度通行止めの場所へと向かい、そこにいたトラックの運転手さんに衛星写真を見てもらうと、「ここは東京大学の施設だよ」とさらなる新情報が!

運転手さんに教えてもらった道を進み、捜索隊は施設を管理する事務所へ。衛星写真を確認してもらうと、間違いなく東京大学の施設だった。そこで行われている研究内容に捜索隊は驚く。

ようやく衛星写真の建物の謎を紐解いた捜索隊だったが、気になり続けていたのは“丸太小屋”だ。通行止めの先にある建物を一目見るために、捜索隊はさらに進む。辿り着いた先には…予想外の物語があった。

©ABCテレビ

二転三転した今回の一軒家捜索に、林は「想像以上の展開で面白かったですね!」と感想。「温かい話が聞けてほっこりしました」と話す持田に、所も「とてもいい話が聞けましたね!」と満足そうな表情だった。

※番組情報:『所&林修のポツンと一軒家
2019年1月20日(日)午後7:58~午後8:54、ABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事