テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

バーチャルYouTuberが頭脳を鍛える新番組、水木一郎がOP曲&ナレ担当

毎週木曜深夜に放送されている番組『超人女子とズケ女』が、1月17日(木)の放送から『超人女子とズケ女プレゼンツ 超人女子戦士 ガリベンガーV』となり、番組企画が大幅にリニューアルする。

©テレビ朝日

新たなキモとなるのは、ガリベンガーVとして毎週登場する3人のバーチャルユーチューバー(VTuber)。

©テレビ朝日

VTuberは、動画配信を行う美少女系の仮想キャラクターのこと。A.I.Channel(アイチャンネル)のキズナアイなど2016年後半ごろから注目され始め、YouTuber界の一大ジャンルとして確固たる地位を築いている。

同番組にはそんなVTuber3人がガリベンガーVとして登場し、「地球にはびこる超難解な現象」を教官の指導のもと、特別講師による講義を受けて解明。その頭脳を徹底的に鍛えていく。

©テレビ朝日

しかし、超個性的なVTuberゆえに“優等生”で収まるはずもなく、突拍子もないリアクションで教官から厳しく突っ込まれることも。さらにセオリーは一切無視。教室から突然ワープしたり、タイムスリップしたりと破天荒な行動で立体的に授業を楽しく見せていく。

◆オープニングソングは“アニソン界の帝王”水木一郎が担当

そんな同番組のオープニングソングとナレーションを、『仮面ライダーX』『グレートマジンガー』などアニメ・特撮作品の数多くの主題歌・挿入歌を歌い、“アニメソング界の帝王”の異名をとる水木一郎が担当することが決定。

さらに、オープニングソングの作曲に『宇宙戦隊キュウレンジャー』の主題歌を手がけたKoTaを起用するなど、ヒーローアニメ感をふんだんに盛り込んでいる。

©テレビ朝日

本日1月17日(木)放送の第1話は、「エベレストの謎を解明せよ!」。

今回の教官はバイきんぐ・小峠英二、そしてガリベンガーVとなるVTuberは電脳少女シロ、ヤマトイオリ、神楽すずの3人。

なかでも電脳少女シロは「バーチャルYoutuber四天王」と呼ばれるほどの人気ぶりで、チャンネル登録者数も60万人に迫るほどの超人気VTuberだ。

いずれにしても超個性的で怖いもの知らずのガリベンガーVたちが、小峠の鋭いツッコミをかわしつつ「なぜエベレストは重いのに地面に沈まないのか?」という超難問について解明していく。

※番組情報:『超人女子とズケ女プレゼンツ 超人女子戦士 ガリベンガーV
2019年1月17日(木)~ 毎週木曜 深夜1:29~1:59、テレビ朝日ほか(※一部地域は放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事