テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

及川光博「胸がアツくなる展開」神戸尊&冠城亘の“新旧相棒”でアクション披露

2018年1月1日(火・祝)に放送される『相棒』元日スペシャル「ディーバ」で、“新旧相棒”の共演が実現する。

©テレビ朝日・東映

2019年の元日スペシャルは、大物代議士・敦盛劉造(あつもり・りゅうぞう)のひ孫が誘拐された事件から始まる。

誘拐犯は、「記者会見中のシャンソン歌手・神崎瞳子(かんざき・とうこ)に告発文を読ませろ」と指示。その告発とは、大手生命保険会社の社員の死に関するものだった――。

犯人の目的は告発なのか、ならばなぜ誘拐事件を起こし、劉造や瞳子を巻き込むような手の込んだことをしたのか…!?

謎に満ちた事件は思いもよらぬ大きな闇へとつながっていき、ついには関係者が殺害される事態も発生!元日スペシャルならではの緊迫感みなぎる濃密な物語が展開していく。

及川光博演じる2代目相棒の神戸尊は、映画『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(2017年公開)のほか、『season15』の第13話、14話(2017年2月1日、8日放送)にも登場してファンを歓喜させており、本作で約2年ぶりの復活を果たす。

現在、“警察庁長官官房付”である神戸は今回、右京から“ある依頼”を受けて、特命係の窮地に登場。なんと現在の相棒・冠城亘とともにアクションに挑む。

これまでの共演ではあまり絡みのなかった2人だが、本作では“絆”をガッチリと感じさせるシーンが展開する。

©テレビ朝日・東映

――「season15」第13・14話以来のドラマ『相棒』出演ですが、久しぶりに参加した感想は?
及川光博:「2年ぶりに神戸くんを演じました。やはり和気あいあいの現場でしたね。水谷さんとは会うなりハグ。反町くんとはニッコリ握手。スタッフの皆さんにも笑顔で迎えていただき、とてもうれしかったです」

――アクションシーンもありましたが、水谷豊さん、反町隆史さんとの共演はいかがでしたか?
及川光博:「今回はアクションシーンもみどころのひとつ。冠城亘と神戸尊が力を合わせて戦います! 胸がアツくなる展開です! アツくなりすぎて…本番のあと、足がつっちゃいました(笑)」

※番組情報:テレビ朝日開局60周年記念『相棒season17』元日スペシャル「ディーバ」
2019年1月1日(火・祝)午後9:00〜午後11:15、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事