テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

尼神インター誠子、まさかの“美女”役でドラマ主演!「新川優愛ちゃんを参考にした」

平成最後の年の瀬、テレビ朝日ほかにて2夜連続で放送される「年の瀬ドラマ」。

その第1夜である12月27日(木)放送のドラマ『ブスだってI LOVE YOU』でダブル主演のひとりを務めるのが、お笑いコンビ「尼神インター」の誠子だ。

©テレビ朝日

誠子は今回、ドラマ初主演。新川優愛とのダブル主演で、美への価値観が逆転した世界を表現する。

◆ブサイクと美人が逆転する世界!

誠子が演じる主人公・川端湯菜乃は、ブスで異性から全くモテない三十路前の美容師。

湯菜乃は、美人で常に周囲から優遇されがちな24歳の町田美里(新川優愛)に強いコンプレックスを持っており、「顔さえ美人になれば、全てがうまくいくはず…」と意を決し美容整形手術を受けること…!

しかし、手術を終えても顔は元のまま…。ただ、世界は真逆に変わっていた!

湯菜乃が目覚めた世界では“ブサイクがモテ、美男美女がぞんざいに扱われる”という価値観になっていたのだ。この世界で湯菜乃の人生はトントン拍子に軌道に乗り始めていくが…?

©テレビ朝日

◆誠子「夢が叶った1年」

そんな、耳にするだけで興味津々になる世界を描いたドラマ『ブスだってI LOVE YOU』で初の主演を務める誠子にインタビュー。

年末ということで、まずは2018年を振り返ってもらった。

誠子:「いろいろなお仕事をいただいて、すごく充実した1年でした。芸人としてだけでなく、ドラマも3作品ほど出させていただいて! 私はドラマが本当に大好きで、俳優さんともたくさん仕事できて、女性ホルモンが活性化された1年でしたね。さらに、今回初めて主演…。もう、夢が叶った1年です」

――初めて“ドラマ主演”と聞いたときはどんな反応を?

誠子:「ドラマの話があるってことで聞いてみたら、まさかの主演!『わ~やったー!』と思って、そのあとに内容聞いたら、なんか“ブスと美人が逆転する”って…。でも、そこでしっくりきました。なるほどなって!『さすがに純粋な美女役ではこーへんよな』って(笑)」

――設定への印象は?

誠子:「私は『恋のチカラ』や『ロンバケ』、『ラブジェネ』あたりの王道ラブストーリーが大好きで、ふだんの(尼神インターの)ネタでは、現実世界ではできない憧れのシチュエーションをネタにしている部分があります。このドラマは『もし自分が美人になったら』っていう設定でもあるので、本業と通ずるところがあるなと。逆にした世界やからこそ、私がまさかの美女役をやれる。すごく面白いなと思いました」

◆誠子による“美人の観察”

©テレビ朝日

――“ブス”と言われる世界から“美人”と言われる世界に逆転する。そこの演じ方の違いは難しいと思いますが、どのように作って臨まれたのでしょうか?

誠子:「そうですね、ブス役のときは自然体です(笑)。で、やっぱり美人役は難しくて、監督にも『もっと自信持った演技で』とか『もっと高飛車で』と言われてました。だから美人役のときは『私は美人なんや、私は可愛い、私は新川優愛ちゃんぐらい可愛い』って自分に言い聞かせてて…(笑)。

実は優愛ちゃんのことは参考にさせてもらってて、優愛ちゃんってすごくキラキラしてるんですよ。積極的に喋るし、ちゃんと人の目を見て喋るし、そこから私と違うんですよね。あと、世の中の美人を見ていると、よく笑うし明るいし、姿勢も違う。立ち姿がピーンとしてるんです。この観察結果を取り入れて、今後モテるために活かしていきたいです(笑)」

――ドラマの現場とバラエティーの現場、違いはありましたか?

誠子:「なにからなにまで違いましたけど、バラエティーと比べてスタッフさんがものすごく優しかったですね(笑)。外ロケが多かったんですけど、1シーン1カット終わるごとにカイロとかベンチコートとかすぐに渡してくれて、こんなに優しくされたことなかったので心に沁みました。もう、ハマっちゃいそうです」

◆目覚めたら…カロリーゼロの世界になってほしい

――最後に、このドラマにちなんで、“目覚めたら世界がこんなふうに変わっていたらいいな”と思うことは何ですか?

誠子:「私ね、下半身が競輪選手ぐらい太いんですよ(笑)。それがすっごい悩みで。いつか菜々緒さんみたいな美脚になってみたい…。だから、痩せるために、世の中の食べ物全部がカロリーゼロになってたらいいなと思います(笑)。もう、なに食べても太らない世界。最高じゃないですか? 深夜に甘いもの食べてもラーメン食べても、なに食べてもいいんです。女性の憧れやと思います!」

女性だけでなく、多くの男性も憧れるような願望を語ってくれた誠子。12月27日(木)放送のドラマ『ブスだってI LOVE YOU』について、以下のようにメッセージをくれた。

誠子:「私が“美女”役で主演をやることって二度とないと思うので、ぜひ観てほしい。恋愛模様や設定の面白さだけじゃなく、大切なメッセージも詰まっているドラマです。あと、キスシーンにも注目して観ていただきたいですね。すっごく綺麗なキスシーンになってると思います。自信あります!」

誠子は一体、誰と“自信たっぷり”のキスを見せるのか? 注目だ。

※番組情報:年の瀬ドラマ 第1夜『ブスだってI LOVE YOU
2018年12月27日(木)深夜0:20~1:20放送、テレビ朝日ほか(※一部地域除く)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事