テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ついに最終回!木村佳乃が『あな渡』で見せてきた絶妙すぎる表情の数々

木村佳乃主演で描かれてきた40代男女の激しすぎる濃厚ラブ・サスペンス『あなたには渡さない』

同作が12月22日(土)に最終回を迎える。最終回には、誰にも想像できない衝撃のラストが…!?

◆まさに絶妙!見事すぎる表情の数々

主人公・通子(木村佳乃)の前に、料亭『花ずみ』の板長を務める夫・旬平(萩原聖人)の愛人と名乗る女・多衣(水野美紀)が突然現れたことから物語が始まった今作。

通子と旬平の離婚、多衣と旬平の結婚、元義理の父親の愛人の来襲や、『花ずみ』の仲居・八重(荻野目慶子)の不倫の末の殺傷事件。さらに、幼なじみ・笠井(田中哲司)の通子への「夢で抱いた」発言や、逆に笠井と多衣の密かな体のつながりなど、数えきれないほどの秘密と裏切り、驚きの事実が次々と明らかになり、そのたび視る者を驚かせてきた。

そんなドラマ『あなたには渡さない』の大きな魅力のひとつが、木村演じる主人公・通子が見せた表情の数々。本記事では、これまでに印象的な場面で登場した通子の絶妙かつ見事な表情をご覧いただこう。

©テレビ朝日

©テレビ朝日

©テレビ朝日

©テレビ朝日

◆通子が全力疾走!その先にいるのは…?

さまざまな人々の思惑に振り回されてきた主人公・通子。

一方で多衣から6000万円を引き出して料亭「花ずみ」を自分のものにしたり、姑の恋敵だった愛人にあえて力を貸してもらったり、元愛人の多衣に支店を任せるなど、思いもよらぬ大胆な行動でピンチを切り抜けてきた。

©テレビ朝日

そんな通子が、最終回では過去最大の決断をする! なりふり構わず全速力で走る通子が向かおうとしている先とは、一体どこなのか? 最終回、彼女の行動に衝撃を受け、呆然とすること必至だ。

◆最終回あらすじ

週刊誌に通子(木村佳乃)が、笠井(田中哲司)の贈賄事件に関わっているという疑惑を書かれた記事が載り、料亭『花ずみ』に取材陣が押しかけてくるように。そのせいで一気に客足が減り、通子は一つの大きな決断を下す。

一方、矢場(青柳翔)から多衣(水野美紀)が姿を消したという連絡が入った。必死に捜すも行方が分からない。

そうした中で、通子は思わず別れた夫・旬平(萩原聖人)に電話を掛けていた。騒動の渦中にいる通子を気遣う旬平に対して、ある言葉を告げた通子。それに対する旬平の反応は…。
やがて、拘置所を出た笠井(田中哲司)が通子に連絡を取ってきて――。

通子、多衣、笠井、旬平が繰り広げてきた壮絶な四角関係…。彼らが迎える衝撃の結末とは!?ラストに待つどんでん返しに誰もが驚愕する…!

※番組情報:土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』最終回
2018年12月22日(土)午後11:15~、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事