テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

楽曲のテーマは「記憶」イエモンの新曲、沢村一樹主演の新作ドラマ主題歌に!

2019年1月10日(木)からスタートするテレビ朝日系列木曜ミステリー『刑事ゼロ』の主題歌をTHE YELLOW MONKEYが担当することが決定した。

このドラマは、刑事としての常識や捜査テクニックを積み上げてきたベテラン刑事が20年間の記憶を失い、刑事として全くの“ゼロ状態”になってしまうが、記憶を失ったかわりに研ぎ澄まされるようになった五感や洞察力で思いもよらないアプローチから難事件を解決していくストーリー。

主人公・時矢暦彦を演じるのは、確かな演技力でシリアスからコメディーまで変幻自在にこなし、今なお進化し続ける俳優・沢村一樹。記憶を失う前のデキる男=ビフォー時矢と、現在のビビリ男=アフター時矢の巧みな演じ分けにも注目だ。

なお同ドラマの脚本は、『相棒』『科捜研の女』『スペシャリスト』など数々の大ヒット刑事ドラマを手がけてきたサスペンスドラマ界の旗手、戸田山雅司。

濃密な人間ドラマを織り交ぜたハイクオリティーなサスペンスを1話完結形式で描きながらも、時矢の“記憶喪失の秘密”を大きな縦軸に据え、連続ドラマとしての醍醐味をも存分に併せ持つ、まったく新しい刑事ミステリーを作り上げる。

楽曲の刹那的メロディーが、ドラマのクライマックスに非常に相まった作品となっている。

そして、沢村一樹とTHE YELLOW MONKEY・吉井和哉は以下のコメントを寄せている。

※沢村一樹 コメント

20年の記憶を失うという災難を吹き飛ばすように前に進む主人公の、前向きな足取りを代弁するような軽やかなリズムにワクワクしながらも、しっかりとその重みを感じさせてくれる素晴らしい楽曲を提供して頂きました。

新年に相応しいドラマを、イエローモンキーさんと共に盛り上げ、皆さんに提供できる事を嬉しく思います。

※THE YELLOW MONKEY吉井和哉 コメント

今回の楽曲は「記憶」をテーマにしています。

「忘れてはいけないこと」「忘れるから生きていけること」「人間の出会いと別れ」の意味するものや「生命力」。それはずっとこのバンドが表現してきた世界観でもあります。人生を重ねれば重ねるほど、軽くなっていくことや、重くなっていくことの対比を描きたいと思いました。

※番組情報:木曜ミステリー『刑事ゼロ
2019年1月10日(木)スタート、【毎週木曜】午後8:00~午後8:54放送
※初回は2時間スペシャル(午後8:00~午後9:48)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事