テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

平成最後のMステスーパーライブ、10組のジャニーズアーティストが多彩な楽曲歌う

今回で27回目を迎える年末の大型音楽プログラム『ミュージックステーション スーパーライブ2018』(12月21日・金曜日放送)。

2018年を代表する総勢45組を超える超豪華アーティストたちが幕張メッセ・イベントホールに集結し、スーパーライブならではの大迫力のステージを見せる。

©テレビ朝日

『ミュージックステーション』放送1300回、という大きな節目でもある今年のスーパーライブ。

豪華アーティストによる特別パフォーマンスやコラボなど、Mステでしか見られない貴重な演出が満載となっており、ジャニーズアーティストによる豪華メドレーが実現した。

◆胸キュンラブソングが続々!

2018年も名曲ぞろいだったジャニーズアーティストたちの楽曲。その中からKinKi Kids、嵐、ジャニーズWEST、King&Princeは至極のラブソングを歌う。

KinKi Kidsは、40枚目となるシングルで久保田利伸が書き下ろした楽曲としても話題の『会いたい、会いたい、会えない。』。切なさの中にも前向きな力強さを感じさせる珠玉のラブソングだ。

また、嵐は相葉雅紀主演ドラマの主題歌『君のうた』を、ジャニーズWESTは小瀧望主演映画の主題歌にもなった『プリンシパルの君へ』を披露。

そしてKing&Princeは、大ヒットしたデビュー曲『シンデレラガール』を生パフォーマンスする。

KAT-TUN、Kis-My-Ft2、Sexy Zoneは、ジャニーズの十八番でもあるダンスで魅せる「ダンスメドレー」を披露。

KAT-TUNは亀梨和也主演ドラマの主題歌『Ask Yourself』を、Kis-My-Ft2は10月に発売された『君、僕。』を、Sexy Zoneは中島健人主演ドラマの主題歌『カラクリだらけのテンダネス』を披露し、華麗なダンスで視る者を魅了する。

そして、NEWS、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMPの3組は、年の瀬にパワーと勇気を贈る“応援歌”を歌唱。NEWSの『生きろ』、関ジャニ∞の『ここに』、そしてHey! Say! JUMPの『マエヲムケ』で、2018年最後のパワーがもらえそうだ。

さらに嵐は、『夏疾風』と『WISH』のスペシャルメドレーも!

この夏、ABC夏の高校野球応援ソング、『熱闘甲子園』テーマソングとしてヒットした『夏疾風』と、2005年に松本潤出演ドラマの主題歌として大ヒットした冬にぴったりの『WISH』。夏から冬へと季節を楽しむメドレーには、嵐の魅力がたっぷり詰まっている。

幕張メッセ・イベントホールという会場をコンサートさながらに駆け巡り、3000人の観客と一体となって楽しむパフォーマンス、見逃せない!

※番組情報:『MUSIC STATION スーパーライブ 2018
2018年12月21日(金)夜7時~夜11時10分、幕張メッセ・イベントホールから生中継、テレビ朝日系全国ネット

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事