テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『おっさんずラブ』映画化決定!2019年夏公開 正月に一挙再放送も<田中圭コメント全文>

2018年4月クール(テレビ朝日系列/土曜ナイトドラマ枠)に放送され、「オリコンのドラマ視聴者満足度ランキング1位」「Twitter・世界トレンド1位」「2018ユーキャン新語・流行語トップ10入り」などさまざまな記録・受賞を打ち立てたドラマ『おっさんずラブ』。

その続編が、『劇場版 おっさんずラブ(仮)』として映画化されることが決定した。

©テレビ朝日

本作には、ドラマ版と同じメンバーが全員続投。田中圭、吉田鋼太郎、林遣都の3人やお馴染みのレギュラー陣に加え、超豪華ゲスト俳優の出演も予定(!?)となっており、ドラマ版のその後のストーリーが描かれる。

◆『おっさんずラブ』ドラマ版のストーリーは…

ドラマ版の物語は、結婚願望はあるが全くモテず、実家暮らしの33歳ポンコツサラリーマン・春田創一(田中圭)が、ある日突然、直属の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)とエリート後輩・牧凌太(林遣都)から同じタイミングで告白をされる。

初めは混乱し受け入れられない春田だったが、2人の真っ直ぐな想いに心動かされ、少しずつ真剣に向き合い始め…。

しかし、春田には幼馴染の女子・ちず(内田理央)という気になる存在がおり、黒澤にもまた妻・蝶子(大塚寧々)が、さらに春田と同じ部署の主任である武川(眞島秀和)が牧の元彼だという衝撃的事実まで判明。それぞれのハードルを乗り越え、春田・黒澤・牧の三角関係は加速していった。

妻を捨てるほどに自分を愛してくれる黒澤、自分との恋は春田に迷惑をかけるからと身を引いてしまう牧…。春田は、悩みの果てに黒澤との結婚式を飛び出し、牧にプロポーズをして結ばれるという感動のエンディングを迎えた。

©テレビ朝日

そして『劇場版 おっさんずラブ(仮)』では、ハッピーエンディングを迎えたはずの男たちに、恋の嵐がまたもや吹き荒れる!? そこに、新たなおっさんも参戦なのか? スクリーンでも熱い恋の火花が散らされそうだ。

またも日本中の話題をさらうこと間違いなしな『劇場版 おっさんずラブ(仮)』。来年2019年夏全国東宝系にてロードショー予定だ

また、映画化決定を記念し、2019年お正月には、再放送『おっさんずラブ 映画化決定記念!新春イッキ見SPだお』(1月2日6:55~13:00)が放送される。“OLブーム”は、まだまだ終わらない!

◆田中圭(春田創一役)コメント

「お会いする人お会いする人に、続編の話を振られては、ずっと『ないです!』と答えていたのですが、すみません。『ありました!!』(笑)。ドラマと同じキャスト、スタッフでもう一度『おっさんずラブ』の世界を作れるというのは楽しみですし、みんなで最高のゴールを狙えるのではと思っています。

個人的希望ですが、映画版ではおっさんずチームみんなでアクションをしたり、牧が凄い戦闘のプロだったりと“アクションラブ”にしたいなと思います!…多分却下されて、そういう話ではないと思いますが(笑)。

ドラマの最後は、春田が上海に行くという設定だったので、海外ロケもしたいです!!でも、スタッフからちょっと予算が、、、と既に難色を示されているので、こちらも却下されてしまうかもしれません(笑)。

“映画化”となると興行という指標があるので、正直数字も少し気にしてしまいます。ただ、作品が自分たちの手を離れてめちゃくちゃ大きくなって帰ってきた、という良い意味でのプレッシャーを僕ら全員が持っているので、チームみんなで心を1つに、最高の結果を狙ってやろう、とも思っています。

連続ドラマの時も『7話で完結』と思ってやってきたので、今回の映画も『これが完結編だ』という気合で臨んで、いい作品にしたいと思います!!」

©テレビ朝日

※作品概要:『劇場版 おっさんずラブ(仮)』
監督:瑠東東一郎(TVドラマ版監督)
脚本:徳尾浩司
音楽:河野伸
出演者:田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎ほか
公開時期:2019年夏予定
製作:テレビ朝日ほか
配給:東宝
配給協力:アスミック・エース

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事