テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

実写ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』、原作でも人気な“イケメン兄弟役”が決定

累計発行部数800万部を超える青木琴美の人気コミックが初の実写ドラマ化されるということで話題となっている2019年1月スタートの土曜ナイトドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』

©テレビ朝日

20歳まで生きられない心臓病を抱える主人公・垣野内逞(かきのうち・たくま)を野村周平が、逞の病気についての全てを知った上で彼を一途に愛する幼なじみの種田繭(たねだ・まゆ)を桜井日奈子が演じる本作。

そんな2人の恋路を邪魔しつつも支え、原作でも特に人気のキャラクターとして支持を集める鈴谷昂(こう)・律(りつ)兄弟のキャストが解禁となった。

主人公・逞(野村)とは繭(桜井)をめぐって最大最強の恋のライバルとなる鈴谷昂(すずや・こう)を、雑誌『MEN’S NON-NO』でも活躍する注目の若手俳優・宮沢氷魚が、昂の弟で、兄とは対照的に逞と繭の恋を見守り続ける鈴谷律(すずや・りつ)を劇団EXILEの佐藤寛太が演じる。

逞と繭が“鈴谷兄弟”に出会うのは、名門・私立紫堂高校の入学式。宮沢氷魚が演じる鈴谷昂は2人の先輩で生徒会長、佐藤寛太がふんする鈴谷律は逞と繭の同級生だ。

名門校の生徒会長とは思えないほど派手で“オレ様”気質なところが魅力の昂は、校内の女子生徒たちから「昂サマ」と呼ばれるほどのカリスマ的人気を誇っている。そんな昂が、入学式の新入生代表の挨拶を行う繭を気に入り、彼女へのアプローチを開始。「姫」と呼んで積極的に接近していく。

一方、昂とは正反対の性格で、ナンパな態度を取る昂に冷ややかな目を向けることもある弟の律。逞とは入学式で初めて話して以来、仲良しに。ギクシャクする逞と繭の関係を見て「いっそ友達になれ!」と提案。その後も2人の関係を温かく応援し続けていく。

昂役の宮沢氷魚は、ロックバンドの元THE BOOMのボーカル・宮沢和史を父に持ち、抜群の顔面偏差値とスタイルの良さで雑誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルも務めている注目株。昨年のドラマデビューを機に俳優としての活躍の場も広げている宮沢が、テレ朝系ドラマ初出演でカリスマ生徒会長役に挑む。

昂については、「普段の自分とはかなり違う性格ですが、ずっとカリスマ的な役を演じたかったので楽しみで仕方がありません(繭を)思いっきり奪いにいきたいと思います!」と気合十分だ。

また、劇団EXILEのメンバーで、その爽やかなルックスで人気を集め、今年は映画5本・ドラマ4本に出演するなど大活躍中の注目若手俳優・佐藤寛太は、今回の原作と台本を読んで「手が止まりませんでした」とコメント。

さらに、「彼の人間臭くて愛おしい人柄を、大切に妥協せずに自分が演じることで共感を持って、応援してもらえるよう、努めたいと思います」と真摯な意気込みを寄せてくれた。

さらに今回、逞と繭の父親役も決定。

逞(野村)の父親である垣野内寛貴(かきのうち・ひろたか)をアンジャッシュの児嶋一哉、繭の父親で逞の主治医でもある有数の心臓外科医・種田穣(たねだ・みのる)を生瀬勝久が演じることとなった。

※番組情報:土曜ナイトドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ
2019年1月19日(土)スタート!【毎週土曜】よる11:15~0:05放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事