テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

テレビ朝日・J-WAVE・AbemaTVが年末ドラマで壁越える!監督は松居大悟

平成最後の年の瀬、新時代を背負っていくにふさわしい若手注目クリエイターとタッグを組んだ超・挑戦的ドラマの放送が決定した。

12月28日(金)に年末深夜ドラマ枠で放送される『平成ばしる』

主演は平成生まれの若手注目俳優・稲葉友、ヒロインは阿部純子が務める。

©テレビ朝日

東京のド真ん中に位置し、複数のメディアがオフィスを構えている六本木ヒルズ。ヒルズの中央には、「テレビ朝日」本社ビル、ビル内にはFMラジオ放送局の「J-WAVE」、テレビ朝日本社ビルにはインターネットテレビ局「AbemaTV」のスタジオがある。

2018年の大みそか、これら別々の場所にいる別々のメディアの人々が“年越しそば”を発端に大混乱!

ドラマ『平成ばしる』は、「コッチに来るはずの人が来ない!」「アッチにいるはずの人がココに!?」…と、実在メディアの媒体の壁を取っ払ってお届けする、異色ノンストップ・パニックコメディーだ。

本作の監督・脚本を務めるのは、劇団ゴジゲンを主宰し、映画監督、脚本家、俳優としても活躍する33歳の大注目クリエイター・松居大悟。

2012年の映画『アフロ田中』で監督デビューを果たし、以後映画『ワンダフルワールドエンド』『私たちのハァハァ』『アズミ・ハルコは行方不明』『アイスと雨音』『君が君で君だ』など代表作多数。また、J-WAVEでは番組『JUMP OVER』のナビゲーターも務めている。

そんなさまざまな境界を越えて活躍中の松居が、まさしく「境界を越える」をコンセプトにしたドラマを制作&出演。

登場人物たちがいろいろな場所で複雑に絡み合っていき、やがてなぜかハッピーエンドに向かっていく奇想天外なパニックコメディーを、その卓越した才能で巧みに操っていく。

◆松居大悟監督 コメント

「テレビ朝日の飯田さん(※本作プロデューサー・飯田爽)は自分が劇団ゴジゲンを旗揚げた10年前から見てくれていて、何か企画を、とずっと話していました。ようやく実現できることが嬉しいです。

もはやボーダーレスになっている放送局そのものを表現として描くことはできないか?と、自分のJ-WAVEラジオ番組が始まったことをキッカケに考えてきました。

六本木には、テレビ朝日・J-WAVE・AbemaTVがあります。テレビ局、ラジオ局、ネット局の境界を越えて、平成最後の年を笑顔で越えられるようなコメディを描けたらなと思います。言い尽くされて出涸らしになってしまった“平成最後”という言葉に引導を渡せたらと。

出演者も、自分にとって何度もご一緒し損ねた、稲葉友と阿部純子という平成生まれのお二人を中心に、大切な方々に集まっていただきました。そしてなにより、これは各局の尽力と多大なるご理解があって実現したもので、改めて御礼申し上げます。

ごちゃごちゃ言ってしまいましたが、今まで見たことのない楽しいドラマになると思います。六本木放送局たちのご乱心をお楽しみください!」

※番組情報:年の瀬ドラマ『平成ばしる
2018年12月28日(金)深夜0:20~1:20、テレビ朝日(※関東ローカル)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事