テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『仮面ライダージオウ』に門矢士(井上正大)登場!あの名ゼリフも復活

「平成仮面ライダーシリーズ」の記念すべき20作品目にして、「平成仮面ライダー」最終作となる『仮面ライダージオウ』

時空を駆け巡る“タイムトラベルライダー”として、「仮面ライダービルド」「仮面ライダーエグゼイド」「仮面ライダーフォーゼ」「仮面ライダー555(ファイズ)」などの各時代でアナザーライダーとの戦いを繰り広げてきた。

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

そして、12月2日(日)放送の“EP13”からは2009年1月~同年8月まで平成仮面ライダーシリーズ10周年記念作品として放送された『仮面ライダーディケイド』で主人公の門矢士(かどや・つかさ)/仮面ライダーディケイドを演じた井上正大が当時の役柄で出演する。

これまでのストーリーでは、タイムジャッカーがアナザーライダーを生み出した時点で、対応する仮面ライダーの歴史が無くなってきた。

しかし、ジオウと似たような力を持つディケイドは、他の仮面ライダーたちとは違う形でソウゴ(奥野壮)、ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)ら『ジオウ』のメンバーと絡み、『ジオウ』の世界を盛り上げていく

『仮面ライダーディケイド』でもあらゆる時空を超え、他の仮面ライダーたちと関わってきた門矢士/ディケイド。それゆえの「通りすがりの仮面ライダー」なのだが、『仮面ライダージオウ』でも“通りすがり”というディケイドならではの個性を発揮してくれる。

◆士、最高最善の魔王を目指すソウゴの障害に!?

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

門矢士=ディケイドが初めて登場する「ゴースト編」では、ソウゴがゲイツを救ったことで未来が変わってきていることに危機感を抱いたウォズ(渡邊圭祐)が、ジオウを倒して歴史を変えようとするタイムジャッカーに接近。

彼らの目的を達成するためにソウゴにとって“最大の障害となる人物”として“すべてを破壊し、歴史を変える者”=門矢士(ディケイド)を呼び寄せる。

“最高最善の魔王”になろうとするソウゴたちの敵として登場し、士は新たなベルトで仮面ライダーディケイドに変身。その進化は留まるところを知らず、ライダーカードでクウガからビルドまでの歴代平成仮面ライダーにカメンライドすることが可能となっており、ファイナルアタックライドのカードでそれぞれの必殺技を繰り出していく。

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

もちろん「通りすがりの仮面ライダーだ」という名ゼリフも復活、人の話を聞いているのか、聞いていないのか「大体わかった」と返事をする士独特の人を食ったような態度も披露する。

時空を駆け巡り様々な平成仮面ライダーにカメンライド(変身)するディケイドは、タイムジャッカーの切り札的な存在となるとともに、ソウゴにとっては脅威となっていく。その活躍はEP13、14の「ゴースト編」にとどまらず、EP15以降にも続く。

ソウゴ=ジオウにとって厄介な「通りすがり」となる士=ディケイド。その登場によって新たな展開を見せ始める『仮面ライダージオウ』に期待だ!

※番組情報:『仮面ライダージオウ
2018年12月2日(日)「EP13」~
毎週日曜 午前9:00~9:30放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事