テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

関根勤、「本当に素晴らしい企画」と感動!M-1王者の底力に心打たれる

歴代のM-1王者であるとろサーモンと銀シャリの2組が、今年度の2019年3月末に閉校することが決まっている小学校で、生徒や先生からその学校ならではの漫才ネタを収集。

その日のうちに作り上げた漫才を「思い出漫才」として閉校する学校の生徒たちに贈り、笑いを届ける番組『44人の生徒に届け! M-1王者の母校にひとつだけの漫才』が11月25日(日)に放送される。

©ABCテレビ

銀シャリが向かったのは、明治28年に設立された千葉県勝浦市立郁文小学校。現在の全校生徒数はわずか18名で、1年生と3年生にいたっては0名なのだという。

校長室へ迎え入れられると、さっそく同校の海老根校長先生から「創立124年の歴史を考えると責任の重大さを感じています。銀シャリさんのおもしろい漫才で小学校の歴史を締めくくっていただきたい」と思いの丈が語られるものの、銀シャリの2人はそのあまりの重圧に押しつぶされそうになる。

閉校していく小学校へ、その学校オリジナルの漫才を作る…ネタ探しのために、授業を見学しつつ生徒や先生たちから話を聞いていく銀シャリの2人。

学校がなくなることについては口を揃えて「寂しい」という生徒たちだが、銀シャリに授業の様子を紹介したり、校庭を案内するなかで、徐々に生徒たちの笑顔も増えていく。

なかでも郁文小学校の運動会で行われているユニークな競技を生徒と銀シャリが一緒に体験した場面では、子どもたちの笑顔がはじけた。生徒たちとともに汗を流し、銀シャリの2人にとっても心に残る思い出になったようだ。

そんな悲喜こもごもの体験から、銀シャリはどんな漫才を創作したのか。体育館に集まった子供たちと地域の方々300人を前に、漫才を贈る瞬間が訪れる――。

©ABCテレビ

番組を終えて関根勤は、「心に残る番組でした。ぜひ続けてほしい企画です!」とコメント。

さらに、「本当に素晴らしい企画。閉校という悲しみを抱えた学校の生徒たちにとってもかけがえのない思い出になるし、そんな思いのなかでネタを作って披露するというのは芸人にとっても糧になる。何よりもM-1チャンピオンの底力を見せてもらえた」と感動した様子だった。

閉校していく小学校の生徒たちへ贈られた愛に溢れる温かな笑いを堪能できる1時間だ。

※番組情報:『44人の生徒に届け! M-1王者の母校にひとつだけの漫才
2018年11月25日(日)ひる12:55~13:55、ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事