テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

愛人の強烈マウンティング!水野美紀、萩原聖人とラブラブペアルック見せつけ

40代男女の激しく濃厚なラブ・サスペンスが描かれている木村佳乃主演の土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』

「お銚子の九谷焼に似た派手なお布団でした」「彼女の体に溺れた」など、普段はあまり言うことがないような“濃厚なセリフ”の応酬が話題を呼んでいる。

©テレビ朝日

11月17日(土)放送の同作第2話では、主人公・通子(木村佳乃)から夫の旬平(萩原聖人)を奪った愛人・多衣(水野美紀)が、旬平とのラブラブペアルックを見せつけることで通子への強烈なマウンティングを展開していく。

◆水野&萩原のラブラブペアルック姿に、木村佳乃も衝撃

専業主婦だった通子の前に現れた多衣が、「ご主人をいただきにまいりました」と突然の“略奪宣言”を行うところから始まった今作。

圧倒され戸惑うばかりの通子だったが、第1話のラストでは、多衣に向かって「旬平との婚姻届を6000万円で買ってほしい」と提案。その大金で倒産寸前だった料亭「花ずみ」の立て直しを図るのだと逆襲に出る。

そうして愛する男をめぐる女同士の戦いは、やがて商売人同士での腹の探り合いにも発展していく。

©テレビ朝日

そんななか、第2話のあるシーンでは、多衣と旬平が全く同じ模様のスウェット姿のペアルックで通子の前に出現する。

自分との離婚はあくまでも料亭を立て直すための方便だと考えていた通子にとって、この光景はどう映るのか。また、自分をめぐる2人の女と鉢合わせてしまった旬平の心情は? そして、その瞬間の多衣の表情は…?

さらに加熱していく女同士のバトル、そして水野と萩原のキュートなペアルック姿に注目だ。

※番組情報:土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』第2話
2018年11月17日(土)午後11:45~深夜0:35、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事