テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

岸部一徳?滝藤賢一?…米倉涼子もメロメロな“鎧塚刑事”の正体が明らかに

ある理由で資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケありの弱小弁護士集団「京極法律事務所」を立ち上げ、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描く『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』

©テレビ朝日

本作で主人公・翔子をメロメロにしている、劇中で流れる刑事ドラマ『現場百回』の主人公・鎧塚刑事こと鎧塚平八。

トレンチコートに黒いハットと、渋さと哀愁までもさりげなく着こなす鎧塚刑事。刑事生活35年…見立ては甘いが、靴がすり減るまで足を使い、たとえ銃撃されようが「かすり傷だ」と言って、部下に犯人を追い続けるよう促す――。

彼のゆるぎない正義感と名言は、翔子だけでなく、多くの人をとりこにしている。

©テレビ朝日

しかし鎧塚刑事、これまで幾度となく登場したものの、肝心の御尊顔は目深に被った黒ハットの影やら、逆光やらでよく見えずじまい…

そのためネット上では、熱心な視聴者たちが推理合戦を開始! シルエットや声を手がかりに、一体誰が演じているのか予想し合っているのだ。

第1話の放送直後は、その正体は松重豊、または田中泯ではないか? という声が多かったようだが、回を重ねるにつれ、岸部一徳・滝藤賢一・小林稔侍・高橋克実・勝野洋・片桐竜次・梅沢富美男…そして、ついには京極弁護士こと高橋英樹説まで飛び出すなど、諸説飛び交っている。

そうしたなか、鎧塚ファンにとっての朗報が舞い込んできた。なんと、11月15日(木)放送の第5話で、とうとう鎧塚刑事の顔が初めてクリアに映し出されることに! はたして、百回でも拝みたくなるその正体とは?

※番組情報:『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話
2018年11月15日(木)午後9:00~午後9:54放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事