テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「歌う映画スター第一号」高田浩吉、没後20年。娘が父の愛妻家ぶりを明かす

9月11日(火)に放送される『徹子の部屋』には、無声映画の時代から活躍し「歌う映画スター第一号」と呼ばれた高田浩吉が亡くなって20年ということで、娘の高田美和とその甥の大浦龍宇一が登場する。2人はこれがテレビ初共演となる。

©テレビ朝日

高田はとにかく家族想いで、美和のデビュー映画の撮影にも付いてきたほどだったという。

そして妻が大好きで、京都の祇園で接待や仕事の打ち合わせをしても長居せず、自宅で食事を取るような人だったそうだ。

また、大浦は美和の兄の息子で、幼少期は祖父(高田浩吉)とともに暮していた。大学生の頃は孫であることを隠して付き人をし、俳優デビューのときは祖父の意向もあり血縁関係を隠していたと話す。

©テレビ朝日

さらに、2人は高田家に伝わる大切な宝物を持参。昭和5年に高田が師匠からもらったもので、高田家の家訓の基になった大事なものだという。

※番組情報:『徹子の部屋
2018年9月11日(火)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事