テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

木村佳乃と水野美紀、壮絶な愛憎バトル!―新ドラマ『あなたには渡さない』

「ご主人をいただきにまいりました」――ある日いきなり目の前に現れた女がこう言い、平穏な日々から一転。どん底に落とされた平凡な専業主婦が、強く美しく、そして恐ろしく“変身”していく…。

©テレビ朝日

この秋、テレビ朝日系の土曜ナイトドラマは、連城三紀彦氏の名作『隠れ菊』(集英社文庫刊)を現代版にリメークしたドラマ『あなたには渡さない』が放送されることになった。

主演は、木村佳乃。夫に裏切られ、思いもよらぬ困難に立ち向かうことになった主人公・上島通子を演じる。

そして、夫の愛人として通子の前に立ちはだかる女・矢萩多衣を水野美紀が、愛人に溺れた通子の夫を萩原聖人が、通子を密かに思う幼馴染を田中哲司が熱演。

40代の男女が繰り広げる激しく濃厚なラブ・サスペンスがスタートする。

 

◆「決して負けたくない」女たちの激しい戦い

連城三紀彦氏の小説『隠れ菊』は、1996年に刊行された作品。「決して負けたくない」という思いで戦う女性たちと、その渦中に巻き込まれ消耗していく男たちの激しくも美しい愛憎劇が描かれた同作は、第9回柴田錬三郎賞を受賞した。

主人公は、結婚して20年になる上島通子(木村佳乃)。料亭の御曹司で板長を務める夫・旬平(萩原聖人)のもとに嫁ぎ、専業主婦として2人の子どもにも恵まれ平穏な日々を送っていた。

しかし、そんな通子の前にある日突然、夫の愛人と名乗る女・矢萩多衣(水野美紀)が現れ、「ご主人をいただきにまいりました」と告げる。

6年前から関係を持っていたと語る多衣は通子に夫の署名入りの離婚届を突きつけ、さらに夫の母である亡き姑は自分たちの関係を歓迎していたと驚きの事実を話す。しかも、夫の料亭は多額の負債で倒産寸前であることも発覚。

思いもよらぬ事実を次々と突きつけられた通子は、多衣に旬平との婚姻届を6000万円で買い取ってもらう形で費用を捻出し、自らが女将となって料亭を立て直すことを決意する――。

 

◆木村佳乃と水野美紀、初共演

主人公・通子を演じる木村佳乃。今作では、逆境に立たされながらも“一度突っ走り出すと振り返らない”という気質を武器に意外な方法でのし上がっていく女性の役どころに挑む。

不倫、離婚、仕事、家族…この年代の女性たちにとってリアルな問題の数々を、通子はどう乗り越えていくのか。また、その姿を木村はどう魅せてくれるのか。

そして、通子の目の前に突然現れ離婚届を突きつける愛人・矢萩多衣を演じるのは水野美紀。

2017年放送の連続ドラマ『奪い愛、冬』では夫が自分から離れていくのを食い止めようとする妻を“怪演”し大きな注目を集めた水野が、今度はしたたかに他人の夫を奪い取る酒造会社の女社長役に臨む。

木村は、水野との共演について次のようにコメントした。

「水野さんとは初共演ですが、これまでも舞台などは何度も見に行かせていただいていました。『奪い愛、冬』に出られていた時は妊婦さんでいらっしゃったんですよね? ビックリしました。私も妊婦の時にドラマを経験したことはありますが、あんな体力は普通出ないですよ! そんな水野さんと今回バトルがたくさんあると伺ってドキドキしております…!」

酸いも甘いも噛み分けた“大人の”俳優陣が、一体どんな熱演で物語を艶やかに彩っていくのか。期待せずにはいられない。

※番組情報:土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』
2018年10月期【毎週土曜】午後11:15~放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事