テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『ハゲタカ』ついに最終章へ!原作にない“2018年”舞台のストーリーが始動

綾野剛扮する“企業買収”のスペシャリスト・鷲津政彦が、「ハゲタカ」とバッシングを受けながらも日本の名門企業を次々と買収し再生していく様を描くドラマ『ハゲタカ』

©テレビ朝日

同作は、8月30日(木)に放送される第7話より最終章に突入。2018年が舞台のドラマオリジナルストーリーがついに始動する。

2018年、平成最後の夏に日本を代表する名門企業に激震が走る…! 名門重工業メーカー「帝都重工」で大規模なデータ改ざん事件が発覚。経営危機に陥った帝都重工を救うため、日本ルネッサンス機構の飯島は鷲津に救済を求める。

飯島からの「帝都重工」を買収してほしいという申し出に対し、鷲津が下した決断は驚くべきものだった。

 

◆第7話あらすじ

時は2018年――平成最後の夏、日本を代表する名門重工業メーカー「帝都重工」でデータ改ざん事件が発覚。名門企業の不祥事を、マスコミはこぞって信頼崩壊の危機と書き立てる。

日本ルネッサンス機構の飯島亮介(小林薫)は芝野健夫(渡部篤郎)にこの一件に関する処理を依頼。日本の名門企業の経営危機は政府系の金融支援団体である日本ルネッサンス機構としても看過できない事態のため、サムライファンドの鷲津政彦(綾野剛)に救済を求めるよう、芝野に指示する。

©テレビ朝日

その頃、鷲津は講演した経済セミナーで若きベンチャー企業の代表・天宮光一(森崎ウィン)と出会っていた。「帝都重工」の子会社である「スペース・フロンティア・ジャパン」の代表として宇宙開発に関する事業に携わってきた天宮は、鷲津に投資を依頼してきたのだ。

しかし鷲津は「スペース・フロンティア」を視察した上で、「夢にお金は投資しない」と天宮の依頼を断る。「夢とは実現する意思のない人間が使う言葉」という鷲津の言葉に、反発を覚える天宮だったが…?

©テレビ朝日

芝野の差配により、飯島、そして「帝都重工」社長・真壁達臣(伊武雅刀)と対面した鷲津は、正式に「帝都重工」を買収してほしい、と打診される。

しかし「取得する株は最大でも三分の一。株主として拒否権はあるが経営権を渡すつもりはない」という条件を提示され、鷲津はいったん返事を保留。

いまや政界・財界・官界に強い影響力を持つフィクサーとなっている飯島が噛んでいることもあり、慎重に「帝都重工」周辺の動きを探っていくよう、佐伯宗徳(杉本哲太)、中延五朗(光石研)らに指示する。

そんななか、「帝都重工」にさらなる激震が! 内部告発により大規模な「不正会計」が行われていたことが発覚する! 鷲津は「帝都重工」が救うに値する企業か否かを判断するため、内部告発した人物に会わせてほしいと申し出…?

次々と明るみに出る「帝都重工」の腐敗――そのすべてを察知した鷲津は、驚きの行動に出る…!

※番組情報:木曜ドラマ『ハゲタカ』第7話
2018年8月30日(木)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局ネット

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事