テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

大竹七未、“メッシに勝った”元Jリーガーの夫に暴言連発「だからダメだったんだよ!」

ココリコの遠藤章造と田中直樹、女優の夏菜が、日々の生活に悩みを抱えている著名人カップルに寄り添いながら、一方が提示する「念書」に判を押すのか・押さないのか、“判断の瞬間”までを見届けるバラエティー番組『運命のひと押し』

©テレビ朝日

8月29日(水)に放送される同番組には、女子サッカー元日本代表のエースストライカーとして活躍した大竹七未と、元Jリーガーの弦巻拳東というサッカー界の超実力派夫婦が登場。

夫の弦巻が年上の妻・大竹に「現役時代に関する発言」「現在の収入面に関する発言」「他人と比較するような発言」を控える約束をさせる念書を突きつける。

©テレビ朝日

◆“メッシに勝った”夫のプライドもズタズタ

年上とはいえ、妻からのどのような“暴言”で悩まされているというのか? まずは2人がプライベートで言い争う場面を隠し撮りしたVTRが公開される。

すると、大竹が上から目線で厳しい言葉を投げつけるシーンが続出。それは「現役のときもだからダメだったんだよ!」「そのプライドをサッカーに活かせば良かったじゃん!」といった、男として元サッカー選手としてのプライドを傷つけられる内容である。

現役時代は「メッシに勝った男」としても知られる弦巻。かつてU-14~19までの日本代表でもプレーした弦巻は、リオネル・メッシと同い年で同じ国際大会にも出場。MIPを受賞したメッシに対して弦巻はその上をいくMVPを獲得した経歴の持ち主だ。

©テレビ朝日

いくら年上でも酷すぎると思いきや、大竹は「私にだって怒る理由はある。私だけ撮影されていることを知らずに一方的に言いまくってしまったところを公開するのはズルい!」と猛反撃。

そして「(メッシに勝てたのなら)この間のW杯に出ててもおかしくないのに、出られなかったのはどこかで天狗になってたから、練習しなかったと予想される」とさらに厳しい分析する。

大竹は「本当に嫌。腹がたってムカついて…」と夫への不満を次々と語り、全く噛み合わない展開に。しかし念書への押印は絶望的と思われた矢先、ある一言から大竹の様子が激変し、展開が一気に様変わる!

©テレビ朝日

ココリコ・夏菜も開いた口が塞がらない、タイムアップ寸前に大竹が発した信じられない発言とは!?

※番組情報:『運命のひと押し
2018年8月29日(水)深夜1:56~2:21、テレビ朝日ほか(※一部地域は放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事