テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

菅田将暉、橋本愛との撮影シーンは「めちゃくちゃ青春でした」

死後に残されたスマートフォンやパソコンのパーソナルデータ、いわゆる「デジタル遺品」の全消去を仕事とする坂上圭司(山田孝之)と真柴祐太郎(菅田将暉)コンビの活躍を1話完結スタイルで描くサスペンスミステリー『dele(ディーリー)』

注目を集める同ドラマのスペシャル動画『dele.DOCUMENT』(全8話)が、KDDIの映像配信サービスビデオパスで配信されている。

同ドラマ撮影の3か月間に密着した『dele.DOCUMENT』の「#5」では、8月24日(金)に放送された同ドラマ第5話の舞台裏を見ることができる。

死後にデータの削除を依頼していた天利聡史(朝比奈秀樹)の死亡確認に向かった祐太郎(菅田将暉)は、そこで聡史が事故で意識不明の状態だと知る。さらに、聡史の幼馴染で婚約者だという百合子(橋本愛)から、削除依頼を取り消すと言われてしまう…。

 

『dele.DOCUMENT』では、菅田将暉と橋本愛のシーンの裏側にも密着

バッティングセンターの場面では橋本が、「気持ちいい〜」といいながらヒットを連発する姿を収録。また、菅田と校庭で楽しそうにバスケットボールを楽しむ場面も見ることができる。「めちゃくちゃ青春でした」と菅田が振り返る、橋本との撮影シーンは必見だ。

第5話では、坂上圭司(山田孝之)が祐太郎(菅田将暉)に死亡確認をするよう指示すると、そのまま外出。圭司はとあるカフェに向かうと、彼の目の前に1年に一度会い続けている元恋人・沢渡明奈(柴咲コウ)があらわれる。

スペシャル動画では、圭司(山田孝之)が明奈(柴咲コウ)に会いに行くときに着用していた衣装のセレクトの過程を見ることができる。

このシーンでスタイリストが選んだのは「いままで(圭司の衣装に)使ったことがなかった」という白がベースのシャツ。それを身にまとった山田の姿を見た菅田は「白シャツの圭司おもろいな(笑)。いいな〜」と、お気に入りの様子をみせる。

しかし、撮影中に“ある出来事”が起こり、衣装を変更することに。菅田が「こうなっている(山田)孝之も(視聴者は)見たいんじゃないかな」というハプニングとは…?

※『dele.DOCUMENT』の視聴は、こちら!

※番組情報:金曜ナイトドラマ『dele(ディーリー)』第6話
2018年8月31日(金)23:15~0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事