テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

夏の終わりに!錦戸亮&大倉忠義、フジファブリックと『若者のすべて』をセッション

8月26日(日)に放送される『関ジャム 完全燃SHOW』では、20~50代の男女へのアンケートから「夏の終わりに聴きたい歌ベスト10」を発表! 夏の終わりを歌った曲がなぜ心にしみるのかをプロ目線で解説する。

©テレビ朝日

スタジオには、音楽プロデューサーの寺岡呼人といしわたり淳治が登場。

JUN SKY WALKER(S)のベーシストとして活動しながら、ゆずや湘南乃風など夏うたのヒット曲を持つアーティストから引っ張りだこの寺岡。そして番組でもおなじみのいしわたりは、布袋寅泰やSuperflyなどを手がけている。

そんな凄腕のプロ2人が「夏の終わりソングの特徴」はもちろん、コード進行から詞の構成、さらには歌い手の表現方法まで、さまざまな角度から今回ランクインした夏の終わりの楽曲の魅力を徹底解析する。

また、番組恒例の“ジャムセッション”では、フジファブリック×関ジャニ∞(錦戸亮=ボーカル&ギター、大倉忠義=ドラム)で、フジファブリックの名曲『若者のすべて』を奏でる。

花火大会や夏の終わりの切なさなど感傷的な雰囲気を描いた歌詞の世界観と、錦戸のボーカルにも注目だ。

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
2018年8月26日(日)午後11:10~深夜0:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事