テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

児童文学作家・角野栄子、泣いてばかりだった少女時代を支えた「父の語り聞かせ」

8月15日(水)に放送される『徹子の部屋』に、児童文学作家の角野栄子が登場する。

©テレビ朝日

83歳になった今年、“児童文学のノーベル賞”といわれる「国際アンデルセン賞」を受賞した角野。今その作品だけでなく、独特のファッションやライフスタイルが注目を集めている。

番組では、角野が鎌倉の自宅をVTRで紹介し、インテリアや暮らしのこだわりを披露する。

©テレビ朝日

5歳で母を亡くしたという角野。泣いてばかりだったという少女時代、彼女を支えたのは父の“語り聞かせ”と“空想の世界”だったという。

また、終戦記念日にあたり角野は自らの戦争体験を語る。東京下町で生まれ育ち、疎開を経験した角野が見た戦争とは?

※番組情報:『徹子の部屋
2018年8月15日(水)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事