テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

Mステで初の試み!山崎育三郎&生田絵梨花、出演するミュージカルのワンシーンを生再現

6月8日(金)に放送される『ミュージックステーション』に、東京・帝国劇場で絶賛公演中のミュージカル『モーツァルト!』に出演中の山崎育三郎と生田絵梨花が登場。同ミュージカルのワンシーンをスタジオ内で再現する。

山崎育三郎は、言わずとしれたミュージカル界の“プリンス”。名作ミュージカルの主演を次々に務め、近年はテレビドラマやアーティストとして活躍の場を広げている彼が、2002年の日本初演以来、国内のミュージカルファンを魅了し続けている同作の主人公・ヴォルフガング・モーツァルトを熱演している。

また、生田絵梨花も乃木坂46のメンバーとして活躍する一方で、昨年の『レ・ミゼラブル』ではコゼット役に抜てきされ、その瑞々しい演技と歌声で大きな話題を呼んだミュージカル界の注目株。今作でもモーツァルトの妻・コンスタンツェという大役を掴んだ。

そんな2人が同番組で披露するのは、モーツァルトとコンスタンツェがのちに結婚するきっかけとなる場面を描いた『愛していれば分かり合える』。セリフあり歌あり、『モーツァルト!』のなかでも感動必至な名シーンのひとつだ。

普段ならば劇場に足を運ばないと観ることのできないミュージカルシーンをスタジオ内に再現するのは、同番組でも初の試み。臨場感たっぷりに歌い上げる2人の姿に注目だ。

◆Superfly、禁断愛を歌った最新曲『Fall』をテレビ初披露

そして、Superflyは禁断の恋に身を落としてしまった人々の心情を生々しく歌った新曲『Fall』をテレビ初披露! 結婚後初の出演となる『ミュージックステーション』で熱唱する。

中谷美紀が主演を務めるドラマの主題歌でもある『Fall』。「人に“魔を差す”実態のない存在、ある意味ファンタジーな存在を主人公に添えた」というSuperflyは、「想像力をフルに回転させて楽しみながら作詞をしました」とコメント。

また、「歌詞のテーマとして考えたキーワードのひとつに、『魔が差す』という言葉がありました。人が、魔が差してあらぬ言動をとってしまうのは“魔を差す”存在があるから、ということに着目し、人に魔を差す魔物=魔女のお仕事を歌詞で表現しました」と作曲秘話を語った。

“魔女”の目線で書いたという「アイツはちょろい この手に弱い」の歌詞については、普段は決して使わないような表現を入れたそう。Superflyは、この楽曲をどんな熱唱で魅せるのか?

※番組情報:『ミュージックステーション
2018年6月8日(金)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日24局ネット

【出演予定アーティスト】(50音順)
・三代目 J Soul Brothers『恋と愛』
・Superfly『Fall』
・HiHi Jets・東京B少年『サマー・ステーション』『みなみなサマー』(※3文字目の「み」と4文字目の「な」は小文字)
・MAN WITH A MISSION『Take Me Under』
・山崎育三郎&生田絵梨花『愛していれば分かり合える』

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事