テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

沢村一樹と伊藤歩、初タッグで事件を暴く!注目作『CHIEF~警視庁IR分析室~』

4月から設けられたテレビ朝日の日曜よる9時の枠「日曜プライム」。今夜4月15日(日)には同枠で、情報とテクノロジーを駆使した新感覚刑事ドラマ『CHIEF~警視庁IR分析室~』が放送される。

©テレビ朝日

◆「テクノロジーを駆使しつつも足を使った」新感覚の捜査!

現代社会に溢れる“情報”は、武器にも身を守る手段にもなりうるツール。そこで、防犯カメラやGPS追跡装置などを用い、それらの“情報”を駆使した捜査を実現すべく警視庁が立ち上げた部署が「IR分析室」だ。

本作は、最先端部署である「IR分析室」で、捜査一課のエース刑事にして「IR分析室」のチーフである深町(沢村一樹)が、部下でバディの泉本(伊藤歩)とともに情報とテクノロジーを駆使した捜査と、刑事らしい足を使った捜査で事件の真相を暴き出すストーリーとなっている。

沢村一樹と伊藤歩の初タッグも注目な同作、見逃し厳禁だ!

 

◆あらすじ

©テレビ朝日

建設会社社長の東金太吉(山田明郷)が西新宿の路上で銃殺される。唯一の目撃者である小田切直人(宮川一朗太)は、ある理由から警察への協力を拒否。捜査一課内に新設された「IR分析室」の主任・深町功太郎(沢村一樹)は、捜査一課長の新田幸彦(升毅)から小田切の対応を命じられる。

実は小田切は5年前に沼津で妻の千春(吉井怜)を事故で亡くしていたのだが、半年前に千春にそっくりな女性を都内で目撃。それを警察に相談するも、まったく取り合ってもらえなかったため、警察への協力を拒んでいたのだった。

「IR分析室」は、小田切が見かけたという女性の身元を突き止め、千春とは別人だということを証明するべく、捜査を開始する。

©テレビ朝日

さっそく沼津へ向かった深町と部下の泉本乃梨子(伊藤歩)は、千春と銃殺された東金が密会していたという情報を入手。東金の死に千春が関与していたのではという疑いが浮上した矢先、新田から小田切の件にはもう関わらなくていいと告げられる。

捜査一課から離れ、独自に捜査を続けた深町らは千春の経歴を洗い、彼女が別の女性に“なりすましていた”ことを知る! やがて深町たちは、千春になりすましていた女性が都内で美容師をしている中谷明日香(前田亜季)だったことが判明。しかし明日香は身に覚えがないと話し…?

一方、東金殺しの被疑者は会社絡みでトラブルのあったベトナム人の線が濃厚に。捜査一課は都内のベトナム料理店を周りながら、“首に赤い星のタトゥーがある”当該の人物を絞り込んでいた。

やがて、小田切も過去に東金と面識があったこと、そしてベトナムへの長期渡航歴もあったことがわかる。さらに明日香の父親もベトナムで自殺していたことがわかり…?

明日香はいったい何故身分を偽り小田切に近づいていたのか? そして東金と知り合いだったことを隠していた小田切の真意とは?

※番組情報 :『日曜プライム』ドラマスペシャル『CHIEF~警視庁IR分析室~』
2018年4月15日(日)午後9:00〜11:05放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事