テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「だいもん・みちこ」は実在した!あの名医と同じ名前の女医が2人も登場

衝撃、感動、抱腹絶倒のネタが続々登場する番組『ナニコレ珍百景』が、昨年の12月以来およそ3カ月ぶりに復活!

3月22日(木)に放送される同番組では、ネプチューンの名倉潤と堀内健がMCを、原田泰造がナニコレ珍百景「珍定」委員長をそれぞれつとめ、珍定ゲストとして沢口靖子・高橋克実・坂下千里子・サンドウィッチマンが登場する。

©テレビ朝日

◆大門未知子と同じ名前のお医者さん

今回スタジオが驚いたのが、『ドクターX~外科医・大門未知子~』の主人公“だいもん・みちこ”と同じ名前の女医さん。なんと、同じお名前のお医者さんが2人もいることがわかった。

実在の“だいもん・みちこ”さんの素顔が紹介されるのだが、そのうちの1人はドラマのキャラクターと共通するところがあることも判明する。

©テレビ朝日

◆老舗旅館の怪しいおみくじ

また、福島県猪苗代町にある中ノ沢温泉で90年以上の歴史を誇る老舗旅館にあるという、謎の言葉が出てくるおみくじの自動販売機も紹介される。自販機には2種類のおみくじがあり、1つは「ナゾの言葉付きおみくじ」、もう1つは「いつか困ったときに必ず役立つ言葉つきおみくじ」だという。

さっそくお金を入れて購入すると木片が出てきて、そこには「半キチ ソフトメン」「上 大吉 ホッチキス」「言葉は道具」「パプア ニューグラデーション」「他県にいる感じを保て」「ローギアの経験を」といった謎めいた言葉が書かれている。

このような言葉を誰がどういう意味を込めて書いているのか? そして、自販機で販売する目的とは? 取材を続けると、地元の青年の熱い思いが明らかに!?

 

◆史上もっとも“ゴジラに見える木”が登場!?

さらに、「○○に見える珍百景特集」には、思わず動物と見間違える岩がある風景が登場。なかでも「ゴジラに見える木」の投稿者は、過去に番組で紹介された“ゴジラに見える木”とは「比較にならないほど本物のゴジラに近い!」と自信満々で紹介。過去の“ゴジラ”もかなり似ていたが、本当にそれらよりもゴジラに近いのか?

そのほか、大阪府の「歯並びがよすぎる犬」や、京都府の「タイムスリップした中学校」、広島県の「勇気がいる自動販売機」など、“珍百景”が続々と登場。

はたして、栄光の「MV珍」に選ばれるのは? 珍定ゲストのコメントとともに注目だ。

※番組情報:『ナニコレ珍百景
2018年3月22日(木) よる7:00~8:00、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事