テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

沢村一樹、久々に意地悪な腹黒男に!『未解決の女』、濃厚な男性キャスト発表

波瑠と鈴木京香が初バディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく新感覚の爽快ミステリー『未解決の女 警視庁文書捜査官』

波瑠演じる肉体派熱血刑事・矢代朋と、鈴木演じる文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙を取り囲む個性豊かな実力派男性キャスト陣が発表された。

©テレビ朝日

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」の室長・古賀清成を演じるのは、沢村一樹。

スマートな役からコミカルな役まで幅広い役をこなす沢村が、なんと今回は久々に意地悪な腹黒男へと大変身。彼が持ち前のナイスガイぶりを徹底封印して演じる古賀は、朋&理沙が所属する「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)をバリバリに敵視し、部下たちに嫌味の集中砲火を浴びせる男。

意地悪っぷりをどう表現するか試行錯誤中だという沢村。そんな彼が全力で演じる嫌な男の佇まいに注目だ。

 

◆旨味の効いた個性が大集結!

沢村を筆頭に、同作には濃厚な男性俳優が集結。

“倉庫番”とも揶揄される「特命捜査対策室」第6係のメンバーで、朋&理沙の仲間を演じるのは遠藤憲一と高田純次。

遠藤が強面を十二分に生かして(!?)演じるのは…「倉庫番のフランケン」こと草加慎司。足を使った我慢強い捜査を厭わない無口で愚直な刑事・草加を、言葉も凌駕する存在感を放ちながら演じる。

一方、高田が演じるのは、温厚でのらりくらりとしながらも実は切れ者の係長・財津喜延。「テキトー男」の名を欲しいままにしながらも、ときにドキッとするような鋭い感性と観察眼をのぞかせる高田にとって、まさに適役といえる役どころだ。

さらに、警視庁捜査一課の花形部署「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事を光石研と工藤阿須加が熱演。

ベテランの風格を漂わせながら、光石が演じるのはエース格の刑事・川奈部孝史。また、工藤は第6係を見下しながらも朋に淡い恋心を抱いていく岡部守を演じ、先輩俳優陣とはまた一味違ったエリートぶりを発揮する。

独自の味わいと実力を誇る男性陣の参戦で、より濃厚に、より面白くなる予感でいっぱいの『未解決の女 警視庁文書捜査官』。ほかでは決して味わえない、美しき女刑事バディとの豪華マリアージュに放送前から期待が高まる。

 

◆「中途半端にやると京香さんに負けてしまう…頑張らないと!」

そして、沢村一樹は以下のコメントを寄せている。

※沢村一樹(古賀清成・役) コメント
波瑠さんとは映画『山形スクリーム』(2009年公開)以来、約10年ぶりの共演です。

前回は残念なことに同じシーンがほとんどなく、現場でちょっとすれ違う程度だったんですよ。

当時はまだ高校生だった波瑠さんですが、今ではすっかり大人の女性、そして素晴らしい女優さんになられて…! 今回はどんな“新しい波瑠さん”を見せていただけるのか、と撮影が楽しみで仕方ありません。

鈴木京香さんは、これまで何度も共演しましたが、今回のようにキリッとした役を演じる京香さんを見るのは初めてかもしれません。情報解禁スチールの京香さんの眼力がすごくて、「中途半端にやると京香さんに負けてしまう…頑張らないと!」と思ったので(笑)、全力でぶつかっていきます!

というのも、僕が演じる古賀は彼女たちを敵視する、ひねくれた男。意地悪な男を演じるのは久々なので、撮影に向けて試行錯誤しています。眼力はもちろん、古賀は叩き上げの刑事なので、クランクインまでに体も鍛え、力強く警察社会を生き抜いてきた男の威圧感をにじませたいですね。

今回は波瑠さんと京香さんという“美しい女刑事バディ”の活躍と併せて、各々の色がまったく違う男性陣のバチバチした掛け合いも楽しみどころのひとつ。遠藤憲一さん、高田純次さん、光石研さんといった濃いオジサマたちに加え、若さあふれる工藤阿須加くんもいますからね。決して綺麗にはまとまらない、意外な掛け合いに着地する予感がして、本当に楽しみです!

※番組情報:『未解決の女 警視庁文書捜査官
2018年4月19日(木)スタート! 毎週木曜日 午後9:00~午後9:54放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事