テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

凶器はフグ⁈マリコ(沢口靖子)、“シリーズ最少の遺体”解剖し真相つかむ【科捜研の女】

沢口靖子演じる法医研究員・榊マリコを中心としたひと癖もふた癖もある研究員たちが、専門技術を駆使しながら難事件の解明に挑む姿を描いたドラマ『科捜研の女』

同作第17シーズンの第16話が、3月8日(木)に放送される。

©テレビ朝日

京都発の有名ファッションブランドのデザイナーが絞殺死体となって発見された。床には人工海水がこぼれ、被害者の手の甲からはある毒物が検出。毒を持つ海洋生物を使った犯行が疑われる…。

ある熱帯魚店を中心に疑惑がめぐるなか、マリコが異色の解剖で掴んだ真相とは?

 

◆第16話あらすじ

京都発の有名ファッションブランド「マコトタケダ」のデザイナー武田誠(山口馬木也)の遺体が店から発見された。

絞殺されたようだが、なぜか床に水がこぼれている。マリコ(沢口靖子)に言われて採取しようとした呂太(渡部秀)は大金が入った封筒を発見。妻の武田巴(舟木幸)によると、武田には新店舗を出す計画があったらしく、どうやらその資金のようだ。

©テレビ朝日

巴は元夫との間に生まれた娘・武田美波(吉田まどか)を連れて武田と再婚。美波は美大で絵を専攻しているせいか武田と通じるものがあり、巴の再婚をとても喜んでいたという。

美波は武田を「お父さん」、離婚した実の父を「パパ」と呼んで区別。武田は美波が絵を描くことに集中できるようにとアパートを借りていたが、事件当夜も美波はそこで一人絵を描いていたという。

解剖の結果、武田の手の甲に傷があり、テトロドトキシンという毒物が検出された。現場にこぼれていた水が海洋生物などの飼育に使われる人工海水だったことから、テトロドトキシンを持つ海洋生物に噛ませて毒を注入、武田の体を弱らせていれば、女性でも絞殺することは可能だ。

©テレビ朝日

巴の元夫・山口健一(橋本じゅん)が熱帯魚ショップを経営していることがわかった。

マリコが訪ねると、山口は熱帯魚を“ベイビーちゃん”と呼ぶなど、店員の濱田健吾(杉山裕之)が呆れるほどの熱帯魚好き。その中には、テトロドトキシンを持つフグも販売されていた。過去には、それ以外のテトロドトキシンを持つ海洋生物も販売していたという。

マリコは「MINAMI」とサインが入ったタコの油絵を見つけ、その絵がテトロドトキシンを持つタコであることを確認。タコは店で売っていたのか、タコの絵は娘の美波が描いたものなのか…。問い詰めるも、山口はそれ以上答えようとせず…!?

※番組情報:『科捜研の女』第16話
2018年3月1日(木)よる8:00~8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事