テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

カルーセル麻紀、人生で最も大切にした母。その死後、遺品から見つけた意外なもの

3月1日(木)に放送される『徹子の部屋』に、身体が女性になって45年、戸籍が女性になって14年、現在75歳になったカルーセル麻紀が優雅な着物姿で登場する。

©テレビ朝日

『徹子の部屋』が始まった年の1976年から出演しているカルーセル麻紀。

今回は、今も保ち続ける「美」の秘訣だという13センチのピンヒールをスタジオに持参。このヒールを履いてステージで歌って踊っている秘蔵VTRも紹介される。

©テレビ朝日

また、テレビに出始めた頃はいろんな偏見もあったが、今は良い時代になったと言うカルーセル。しかし、今も親から縁を切られたり、自殺したりしてしまう子もいて…と、率直な胸の内も語る

15歳で北海道の釧路から家出し波瀾万丈な人生を送ったカルーセルが人生で一番大切にしていたのは、母の存在だった。

だが、「麻紀が男でも女でも私の子どもであることには変わりない」と見守ってくれた母は、2005年に93歳で亡くなった。遺品を整理したところ、タンスから意外なものが見つかったという。一体、その見つかったものとは?

※番組情報:徹子の部屋
2018年3月1日(木)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局ネット

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事