テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

吉田栄作、越路吹雪の夫役に!首都圏大雪の翌日に結婚式シーン撮影「ステキすぎる」

圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪がたどった波乱万丈の人生と、盟友の作詞家・岩谷時子との濃密な友情を綴っていく帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』

©テレビ朝日

そのヒロイン・越路吹雪を公私ともに支え続けた夫・内藤法美(ないとう・つねみ)の絶頂期役を吉田栄作が演じることが決定した。

 

◆青年期を演じる長谷川純から、バトンタッチ!

越路が生涯の愛を誓った相手・内藤法美は、作曲家、編曲家、ピアニストとして活躍した音楽家。2人は内藤がラテンバンド「東京キューバン・ボーイズ」のメンバーだった頃に知り合う。そのピアノの音色に衝撃を受けた越路の熱烈なオファーによってともに仕事をするようになり、交際に発展。ここまでの青年期、つまり2人が恋人同士だった時代は、若手実力派・長谷川純が内藤を演じている。

そして、ヒロイン・越路吹雪役が瀧本から大地真央に、時子役が木南から市毛良枝に引き継がれるのと同時に、吉田も長谷川からバトンを受け取り、第8週目の3月2日(金)から登場する。

越路と内藤は小さなすれ違いで一度別れてしまうものの、“ある出来事”をきっかけに愛を再確認し、1959年に結婚。このとき、越路吹雪35歳、内藤法美30歳。世間は、大スターの越路と年下のピアニストである内藤の結婚に驚くが、越路は内藤と彼の才能に心底ほれ込んでおり、内藤もまた越路が1980年に他界するまで深い愛情で彼女を包み込み、公私ともに妻を支え続けた。吉田はそんな内藤を、ダンディーかつやさしい眼差しをたたえながら演じる。

 

◆純白のドレス&タキシード姿で涙のウエディングシーン!

©テレビ朝日

2人は結婚式のシーンを撮影。大地は越路の結婚式の写真を参考に、クラシックな雰囲気のウエディングドレスをセレクト。純白のドレスを身に着けた大地と黒のタキシード姿の吉田がロケ先の教会に現れると、スタッフや共演者たちから「ステキすぎる…!」と自然と歓声が上がった。

しかし、実はこの撮影が行われたのは、首都圏を大雪が襲った翌日。凍てつく寒さに見舞われるなか、2人は寒そうなそぶりは微塵も見せず、幸せ絶頂の笑顔を浮かべながら演じた。

また、式の直前、越路が親友・時子に「ありがとう…“お時さん“も法美さんも私の生涯の人なの…」と感謝の思いを語りかけるシーンでは、顔を見合わせた大地と市毛がともに涙、涙の大熱演!

3月からますます盛り上がっていく越路吹雪“絶頂期”の愛の物語は見逃せない。

 

◆吉田栄作&大地真央コメント(全文)

そして吉田栄作と大地真央は、それぞれ以下のコメントを寄せている。

©テレビ朝日

※吉田栄作 コメント
――『越路吹雪物語』出演オファーを受けたときの心境は?
“越路吹雪”といえば自分の親世代にはストライクな存在ですので、両親に出演の話をしたところ大変喜んでいました。いい親孝行ができるぞと思いました。

内藤法美さんのことを詳しくは知らなかったのですが、内藤さんの役を演じることで、例えば『誰もいない海』などが内藤さんの作品だったんだ…とか、広くいえば芸能史の勉強になっています。

――内藤法美さんは作、編曲家でありピアニストでもありますが、役作りなどは?
実際にピアノを弾ける訳ではないのですが、僕自身も音楽活動をずっと続けているので、僕のサポートをしてくれるピアニスト、キーボードプレーヤーを若いころから見ていました。彼らの一挙手一投足を見続けた僕の集大成がここに出るんじゃないかと。今回の僕のパフォーマンスを見てどう思ってもらえるか楽しみです。彼らのリアクションが楽しみ。

――大地真央さんと共演して感想は?
もちろん、大地真央さんは素敵な方ですが、今回の“越路吹雪”役でのお芝居でのからみで、大地さんの中にある、とても可愛いらしい部分をいろいろな場面で垣間見させていただいています。

きっと大スターであり、“内藤美保子”さんでもある“越路吹雪”さんにも、それはあったのでしょうね。越路吹雪さんの一途さとチャーミングさは、きっと大地真央さんの中にも混在してらっしゃるのだろうなと感じています。

――結婚式の場面など、夫婦でのシーンの撮影エピソードは?
結婚式のシーンの撮影は、大雪の翌日で大変寒くて大変だったのですが(僕はしっかり着込んでいましたが)大地さんは衣装が薄着で大変そうでした。夫婦になってから、いろいろなシーンを撮影していますが、毎シーン毎シーンすごく面白くて、大地さんの素敵さとチャーミングさの両面を見せていただいています。

コンサートのシーンなどでマイクを前にした時は、むしろ逆に、越路さんなのか大地さんなのかわからないくらいのオーラが出ているので、そんな大地さんの姿をテレビを通して見ることができるのを楽しみにしています。

――視聴者へメッセージを…!
その年代、年代でいろいろな役者さんが演じていますが、大地さんが演じる年代の越路吹雪さんは、絶頂期といわれる年代と聞きました。幼少期からご覧のみなさまにも引き続き見ていただけるように、しっかりと越路吹雪さんの夫である内藤法美さんを演じたいと思いますのでご期待下さい。

©テレビ朝日

※大地真央 コメント
まさかこの歳でウェディングドレスを着ることになるとは思っていませんでしたが(笑)、越路さんの実際のドレスによく似たものを着せて頂き、“河野美保子”として、より感情移入できました。

式の前のお時さんと2人のシーンでは、長年の2人の絆を感じ、胸がいっぱいになり、思わず涙がこぼれました。これもウェディングドレスの持つ力かもしれませんね。

※番組情報:帯ドラマ劇場『越路吹雪物語
毎週月~金 ひる12:30~12:50、テレビ朝日系24局
(再放送)毎週月~金あさ7:40~8:00、BS朝日

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事