テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

決戦前、岡村隆史の頭に強烈スパイク直撃?! 高身長中学生と元日米代表がバレー対決

2月25日(日)に放送される『ビートたけしのスポーツ大将』の2時間スペシャルに、「バレーボール対決」がレギュラー放送復活後初登場! 元日米代表のレジェンド女子バレー選手が集結し、高身長中学生軍団と対決する。

©テレビ朝日

長身を活かした強烈なスパイクでロンドン五輪銅メダルに貢献した大友愛や、世界屈指のリベロとして同じく銅メダルを獲得した佐野優子ら元全日本女子が参戦。さらにアメリカ代表としてバルセロナ五輪で銅メダルを獲得したヨーコ・ゼッターランドも加わり、レジェンドチームを結成。

対する中学生チームは、全国から長身の選手を集めて行う「全日本中学生長身選手発掘育成合宿」に参加している選手を中心に結成したスペシャルチーム。オリンピックでのメダル獲得を目標に毎年行われている合宿に参加しているだけに、中学生とはいえ大柄な選手が続々登場する。

メンバーの樫村まどかさんは15歳にして183.8cm、同じく15歳の舟根綾菜さんは180.5cmと、180cm超え。ほかにも170cm台後半の選手が3人、それ以外の選手でもセッターが170cm、リベロが161cmと、登場しただけでその高さに圧倒される。

高さとパワーでさすがのレジェンドも苦戦は必至か? 大接戦を予感させる「バレーボール対決」は必見だ。

©テレビ朝日

対決を前にスタジオでは女子中学生チームとビートたけし&ナインティナインによるエキシビションマッチを開催。

「たけしチームが力尽きるまで」というルールで試合が始まるが、強烈なスパイクにビビりまくり。なんとナイナイ岡村の頭にスパイクが直撃!? はたして一矢報いることができるのか?

◆試合は白熱、レジェンドチームの表情から笑顔が消える!

今回のハンデは、中学生6人に対して、レジェンドチームは4人。ネットの高さは中学生用の2m15cm、25点先取の1セットマッチで行われる。

レジェンドチームは少ない人数で中学生チームの高さとパワーに対抗しなければならず、空いたポジションをどうカバーしていくのかがポイント。リベロの佐野にかなりの負担がかかりそうだ。

また、中学生チームは全国の各中学校から集められたスペシャルチームだけにコンビネーションに不安が。うまく拾ってつなげていけるかがカギに。

解説の川合俊一が「(ハンデをつけず)6人対6人でも良かったんじゃないですか?」と心配するほど、見た目で圧倒する中学生チーム。その予想通り、試合は思いのほか白熱、レジェンドチームの表情からも笑顔が消えていく。

なかでもゼッターランドは大人げないほどのみごとなプレーを披露。高身長中学生バレーボーラ―を苦しめる。佐野も衰えを感じさせないレシーブで強烈なスパイクを拾いまくり、レジェンドチームに流れを引き寄せる。

とはいえ、中学生チームも予想通りの高度なプレーでレジェンドチームを追いつめて…。はたして勝利を手にするのは?

©テレビ朝日

※ビートたけしコメント
「大林さんも小さいときは背が高くていじめられた、と言っていたけど、昔は背の高い女の子は下向いていたからね、猫背の子が多かったんだよ。でも、今は胸を張って堂々と歩いているからスーパーモデルみたいだよね。

レジェンドは経験の違いを見せつけたね。中学生のパワーに対して駆け引きで渡り合っていたから。それにしてもゼッターランドさんのサーブはエゲツないよね。あんなに変化させて野球のピッチャーじゃないんだから(笑)。アタックも変化させたり、相手のブロックに当てたり技術がすごかった。

なんだかレジェンドチームが“ちいママ”の集団みたいに見えちゃった。下手に勝負を挑んだらぼったくられそうだったもの(笑)」

※大林素子コメント
私も小学生のころに身長が170cmありました。でも、当時はスポーツが苦手で、母親がモデルをやっていたので私もモデルの道に進みたかったんです。

でも、背が高いというのでちょっとしたイジメにあったりして…。それで中学からバレーボールを始めました。スカウトとかされたわけではなく、自分からバレー部に入部して。

今回のレジェンドチームは負けず嫌いのゼッターランドが凄かったですね。それに佐野をリベロで起用するところは大人げないかなと。ヨーコはアメリカで一番負けず嫌いの選手。日本では中田久美、アメリカではヨーコ・ゼッターランドですね(笑)」

※番組情報:『ビートたけしのスポーツ大将』2時間SP 一流アスリート&次世代アスリート対決!
2018年2月25日(日)よる6:57~8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事