テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

謎が残る体操インストラクターの死。糸村(上川隆也)、遺留品の“合格祈願鉛筆”から真相を導く<遺留捜査>

上川隆也主演の人気シリーズ遺留捜査第7シーズン。

8月4日(木)放送の第4話で糸村聡(上川隆也)たちが挑むのは、体操教室のインストラクターが殺害された事件。

糸村は、被害者の所持品“合格祈願の鉛筆”に着目する。

◆美しき呉服店の女将に疑惑

第4話は、子ども向け体操教室に所属するインストラクター・川井公一(堀井新太)が遺体となって見つかる場面からスタート。臨場した糸村は、彼が持っていた合格祈願の鉛筆に興味を抱く。

川井が試験を受ける予定はなく、なぜそんな鉛筆を持っていたのかは謎だが、何より気になったのは指をかけるところに不可思議な傷がついていたこと。

まもなく、被害者は呉服店の女将でシングルマザーの富池琴音(前田亜季)と交際していた事実が発覚。2人は琴音の娘・万理華(小山紗愛)が川井になついたのをきっかけに付き合いはじめたようだが、琴音はすでに川井とは別れており、最近は会っていないと証言。

ところが、なんと琴音の家族の過去と川井に衝撃の接点があったことが判明。琴音への疑惑が一気に深まっていって…。

◆前田亜季、堀井新太ら実力派キャストが結集!

事件の鍵を握る呉服店の女将・琴音を演じるのは、実力派女優・前田亜季。

神崎莉緒役の栗山千明とは10代のころ、故・深作欣二監督の映画『バトル・ロワイアル』(2000年)で共演した間柄。その衝撃作を機に大きく羽ばたいた2人が、20年の月日を超えて対峙する。

さらに、不慮の死を遂げたインストラクター・川井公一を演じるのは、俳優集団D-BOYS、D☆DATEメンバーでもある堀井新太。幅広い作品で存在感を示してきた堀井が、子どもたちに人気のインストラクターをさわやかに演じる。

川井には裏の顔があったのか? それを知った琴音が殺したのか?

糸村は、傷のついた合格祈願鉛筆、そして川井と万理華が交わしていた“交換ノート”から真相をひも解いていく。そこから浮かび上がった、予想外の真実とは…。

また、今回は体操教室を舞台に展開するミステリーだけに、跳び箱を使ったパルクールのような確保シーンが登場! 雨宮宏役の永井大が抜群の運動神経を生かして華麗なアクションを見せる。

バディを組む沖田悟役の戸塚純貴も負けじと跳躍し、2人が披露する息の合った逮捕シーンにも注目だ。

※番組情報:木曜ミステリー『遺留捜査』第4話
2022年8月4日(木)午後8:00~8:54、テレビ朝日系24局

※『遺留捜査』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、『遺留捜査』過去全シーズン&スペシャルドラマを配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事