テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

オズワルド伊藤、熱愛中の蛙亭イワクラを“意識した瞬間”「受け取った時のリアクション。素敵だなと思って」

テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」にて好評配信中の『焚き火で語る。』。

「焚き火の前で話せば…2人の仲が溶け合う」をコンセプトに、2人の芸能人が仕事観、生き方、恋愛など、普段は出てこない本音を赤裸々に語る“本音トークバラエティ”だ。

7月17日に公開された動画には、オズワルドの伊藤俊介とモグライダーの芝大輔が登場。気になる伊藤の“熱愛の真相”について語り合った。

◆好きになったきっかけは“マグカップ”

先日、蛙亭イワクラとの熱愛が報じられた伊藤。番組が収録されたのは報道の直後だったため、「どうやって付き合うの?どっちが何て言うの?」とさっそく芝から質問攻めにあう。

これに対し伊藤は、「僕から付き合ってほしいみたいな感じで、夜の公園で」と恥ずかしそうに答えた。

もともとルームメイトだったイワクラと付き合いはじめたのは、昨年の12月頃とのこと。一緒に生活するなかで、イワクラの“あるリアクション”が意識するきっかけになったそう。

「あいつが大事にしていたマグカップを僕が割ってしまったときがあったんです。どうしようと思って、浅草で『THE 東京』みたいな湯呑を買って、夜イワクラに『すまん。実は大事にしてたマグカップ割ってしまって、代わりと言っちゃなんだけどこれ買ってきたんだけど』って渡したんです。それを受け取ったときのあいつのリアクション。大笑いしながら『全然いいのに!』みたいな。なんかその感じ素敵だなと思って」(伊藤)

包み隠さず馴れ初めを語る伊藤に、横で聞いていた芝も思わず照れ笑いする。

伊藤はルームメイトと交際したことについて、「冷静に考えたらキモイことしてます」と自虐しながらも、「何が今まで(の彼女)と違うってね、彼女がオモロイってあんまりない」と自慢げに断言。

2人で会話しているときにイワクラからフルパワーでボケられるときがあり、そんなときには「フルパワーでツッコみます」とうれしそうに明かした。ときにはツッコミに対して鋭い指摘が飛ぶこともあるそうだが、そんな“オモロイ彼女”に夢中なようだ。

芝から「どっちの方が今、好き度上回ってる?」と聞かれると、「俺じゃないですかね。やっぱり」とニンマリ。さらに、「同じ質問イワクラにしたら『私だ』っていうかな?」との質問には、「ん~」と一瞬悩みながらも「言うと思います!」と幸せそうに答えていた。

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事