テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

竹内涼真と平手友梨奈がキス!? ついに恋の三角関係が動き出す<六本木クラス>

大ヒット韓国ドラマ『梨泰院クラス』を日韓共同プロジェクトのもとリメイクし、竹内涼真を主演に迎え、東京・六本木を舞台に日本初のドラマ化に挑む六本木クラス

7月21日(木)放送の第3話からは、宮部新(竹内涼真)をめぐる女の戦いの火蓋が切られ、いよいよ恋の三角関係が動き出す。

◆新と葵が急接近&キス!?

前週に放送された第2話では、最愛の父を奪われ、絶望のどん底に突き落とされた新が、長屋ホールディングス会長・長屋茂(香川照之)と、その長男・長屋龍河(早乙女太一)への復讐を誓い、ついに反撃を開始。

六本木に念願の自分の店「二代目みやべ」をオープンし、最初の一歩を踏み出した。

それと同時に、新と偶然に出会い、そして思いがけない再会をはたした麻宮葵(平手友梨奈)も本格始動。

奔放さや過激さを併せ持ち、ときに可愛さをのぞかせながら平然と人を欺くなど、どこか危うさを感じる葵に新も翻弄される。

挙句、葵が年齢を偽って未成年であることを隠して「二代目みやべ」で飲食していたことを何者かに通報され、新は大ピンチに直面してしまう。

もはや新にとって葵はやっかいな存在だったが、第3話からそんな2人の関係に大きな変化を予感させる衝撃&ドキドキの場面写真が到着した。

葵の頭をポンポンする新、そして葵に膝枕されながらまさかのキス? さらに、第3話では葵が新にこう伝える――「夢は私が叶えてあげます」。

新と葵の間に一体何が起きたのか? また、葵が新に伝えた言葉の意味とは?

◆優香と葵の直接対決も!?

新にとって楠木優香(新木優子)は初恋の人で、今も思い続けながらもいい関係を保っている。

だが優香は新が敵対する長屋ホールディングスに勤め、また長屋茂に恩義を感じるなど複雑な立場にいて、2人の距離はつかず離れずのまま。

そこに突如現れた葵の存在に、優香は心穏やかではない。そんな優香と葵が、思いがけない形で直接対決することになる。

そこで優香が葵に放つセリフ――「あなたみたいな子が手に負えるような人じゃない」。

まるでけん制するかのような優香の言葉だが、そこは葵。動じることもなく応戦するのだが、この2人のやり取りはジリジリ&ハラハラ、ただならぬ緊迫感が漂う。

この2人の女性の存在は、今後、新の“復讐劇”でも大きなカギとなってくるのだろうか。

◆配信オリジナルコンテンツ『ウラ六本木クラス』が配信スタート!

また、配信オリジナルコンテンツ『ウラ六本木クラス』が、第3話放送終了後に動画配信プラットフォームTELASA(テラサ)で配信スタート。

第1回は、六本木クラスが大好きなニューヨーク・屋敷裕政が竹内に直撃。『梨泰院クラス』の主人公、パク・セロイと『六本木クラス』の主人公・新の違いなど、こだわりの役作りに迫る。

さらに、第3話までの中で、竹内の好きなシーンベスト5も発表。

後日配信予定の第2回は、竹内がオファーを受けた際の驚きのシチュエーションを告白する。

※番組情報:木曜ドラマ『六本木クラス』第3話
2022年7月21日(木)よる9:00~9:54、テレビ朝日系24局

※『六本木クラス』最新回は、TVerにて無料配信中

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、地上波放送終了後にドラマ本編を配信!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事