テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

172cmバイリンガルモデル、グアムで恋の大号泣!南国の恋模様に峯岸みなみが鋭い見解

南国グアムを舞台に、男女それぞれが2つの島に集まった状態でスタートする「ABEMA」のオリジナル恋愛番組『シャッフルアイランド Season2』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

7月5日(火)、同番組の第1話が放送された。

第1話冒頭、女性が「Island PINK」、男性が「Island BLUE」と名付けられた島に到着。

島には、「1日に1回は必ず、もう1つの島からメンバーを指名し入れ替わらなければならない」というルールが存在する。集まった男女は毎日、島を入れ替わりながら恋人を探していくのだ。

その様子を見守る峯岸みなみは、この複雑なルールについて、「恋愛ってだけで難しいのに、シャッフル要素がより恋愛を困難にしてる(笑)」とコメントする。

◆第1話にして波乱の展開!バイリンガルモデルが大号泣

第1話、女性からシャッフルされることになったメンバーは、172cmのバイリンガルモデル・ひなの。

彼女が到着した「Island BLUE」では、ひなのとの2ショットを巡って“男のバトル”が勃発する。

美容インフルエンサーのリョータが合流したばかりのひなのに自分のつけていたブレスレットをプレゼントしたかと思えば、その後に行われた自己紹介では、トリッキング日本初世界王者のDaisukeが早々に「2ショットしたい」と挙手。

そんなDaisukeに負けじとリョータも「俺も2ショットしたい!」と応戦し、ひなのとの2ショットを賭けたバトルを提案すると、開始早々に火花を散らす男性2人の攻防にスタジオでは興奮の声が上がる。

そんななか、勝利したリョータがひなのと2ショットになると、「誰がタイプ?」「気になる4人の中に俺は入ってる?」などと質問攻め。そんなリョータに対し、ひなのは実は第一印象では別の男性を選んでいたものの、積極的な姿に次第に好印象を抱き始める。

そして、その後に行われた個別インタビューでは完全にリョータに惹かれていることを告白。2つの島で繰り広げられた恋の駆け引きを目の当たりにした峯岸は、女性と男性とで全く異なる恋愛観について言及する。

「女の子は話してる印象で変わったりする」と私見を述べながら、男性側の恋愛模様も見たうえで、「男の人って結構視覚から得る情報がデカイんだなというか…。やっぱり第一印象から変わることって少ないのかなって思いました」と見解を語った。

そして、第1話の最後には、翌日シャッフルされるメンバーが確定。男性陣からリョータが選ばれると、ひなのはその日の夜に行われた最後の2ショットで「行ってほしくない…」と号泣してしまう。

しかし最後には、リョータへ「他の女子を見てみて(ひなのに)会いたいなと思ったら帰ってきてほしい」とお願い。最後に別れのハグをし、複雑な表情を見せていた。

果たして、南国グアムを舞台に盛り上がる7泊8日のラブバカンスの行方は?

※番組情報:『シャッフルアイランドSeason2
放送チャンネル:ABEMA SPECIALチャンネル

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事