テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

川島海荷、“年下夫”へのリアルな評価「彼氏だったら120点、夫だったら…」

6月24日(金)に「ABEMA SPECIALチャンネル」で放送されたABEMAオリジナルの結婚モキュメンタリー番組『私たち結婚しました 3』

第4話では、中田圭祐と川島海荷の夫婦が、2人で購入した新しい愛車でドライブデートへ出かけた。

立ち寄った古着屋では、お互いが相手に似合うと思う洋服をコーディネート。「私、男性の服選んだことないよ」と戸惑いながら吟味する妻・川島と、「うみちゃんに似合いそうだな」とさまざまな服を手に取る夫・中田。

中田が川島に選んだのは、夏らしい半袖と膝上丈のショートパンツのコーデ。川島が「ここら辺久々に出したよ」と照れながらも美脚コーデを見事に着こなし披露すると、中田は「めっちゃかわいいじゃん!俺すげー好き!ドキッとした」と胸キュンした様子を見せる。

さらにもう1コーデも試着し、赤と白のボーダーのポロシャツとパンツを身にまとい購入を決める川島。中田は夏らしいシャツデニムを購入し、「いいね、俺ら。夏、似合ってるよ」「たしかに夏だね」と満足げに古着屋を後にする。

◆川島海荷、年下夫に辛口評価?

古着屋の後は、カフェに立ち寄って2人でスイーツを頬張る場面も。

すると中田が唐突に、「気になるんだけど…お互いに夫、妻として、点数をつけるとしたらどう?」と直球質問。

中田は先に、「俺は(うみちゃんのことを)100点だと思う。いつもありがとうって感じ。これからも楽しいから、120点とかまでいきたい」と前のめりに自分の気持ちを伝える。

それを聞いた川島は、「その後に言いにくいね…勢いで言うね」と前置きをし、「彼氏だったら120点、夫だったら75点」と意外な回答。すると中田は「難しいね…たしかに夫と彼氏で求められることは違うよね」と考える様子を見せる。

続けて川島は、「だからぜひとも、料理とか家事をやっている姿を見たいなと思う。というのと、たまに引っ張っていってほしいなという感じです」と本音を告白。

川島のリアルな意見に、スタジオの千鳥ノブやゲストのトリンドル玲奈からも「うわ~リアルだな~」との声が続出する。

一方で中田から川島へは「うみちゃんに思うことは、全然身を委ねてもらっても大丈夫っすよ、という感じ」と素直な思いを告白。それを聞いた川島は、急に熱くなってきた様子で「ケーキの味がわからなくなってきた」と照れが抑えきれなくなった表情を見せた。

◆妻から夫に初プレゼント!サプライズに中田圭祐はデレデレ

カフェからの帰り道に愛車に乗ろうとすると、川島が「ちょっと待って。渡したいものが。これ作ったの」と突然の呼びかけ。

妻から夫への初のプレゼントとして、手書きで作った愛車に貼るシールを中田にプレゼント。ピンクの文字でお互いのイニシャルが刻まれたシールを一緒に“愛車・スタタボ”のリアガラスに貼ると、「本当にいい感じ、めっちゃいい」と絶賛。

川島は「なんかあげられないかなと思って。そして一緒に買った車だからその記念に」と語ると、中田は「嬉しい、ありがとう!こんなの初めてだね」と感謝の気持ちを素直に表す。

そして、「これはラブリーだね。のろけがひどいよ(笑)」と2人で笑い合いながら嬉しそうな様子を見せていた。

※番組情報:『私たち結婚しました 3
毎週金曜夜11:00~11:30、ABEMA SPECIALチャンネル

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事