テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

寺脇康文、14年ぶりに『相棒』に帰還! 水谷豊「亀山くんが帰ってくる」

2000年にスペシャルドラマとして誕生して以来、国民的ドラマとして定着した『相棒』。シリーズを通じて挑戦を続け、進化してきた。

そしてこの度、前シーズンで卒業した冠城亘(反町隆史)の後を継ぐ“五代目相棒”が、寺脇康文演じる亀山薫に決定。

2022年10月スタート予定の『相棒season21』では、水谷豊演じる杉下右京と亀山薫が約14年ぶりにタッグを組む。

薫が特命係を離れてから一度も顔を合わせていなかった2人が、どんな再会を果たすのか。原点を超えていく『相棒』の新たなステージに注目だ。

◆亘との“別れ”に傷心の右京に薫帰国の一報が

冠城亘が特命係を離れたのは、2022年3月放送の「season20」最終回。

法務省時代の上司・日下部(榎木孝明)から公安調査庁の改革を託され、警視庁を退職。右京からは「もう少し一緒にやりませんか」と引き留められたが、亘の決意は固く、2人は別の道を進むことに。

一方、亀山薫が特命係を離れたのは、2008年12月放送の「season7」第9話。

高校時代の友の死をきっかけに、彼の遺志を継ぎ、子どもたちに“正義”を教えるため、不正が蔓延する南アジアの小国・サルウィン(架空の国家)に移住。

右京は薫の思いを尊重し、「どうか、気をつけて行ってください。以上です」というはなむけの言葉をおくった。

◆亀山薫の復帰で特命係に予期せぬ事態が!?

右京と薫の出会いは “プレシーズン”第1弾(2000年6月放送)。

捜査一課の刑事だった薫が、偶然出くわした指名手配犯に人質にされる失態を犯し、“人材の墓場”と揶揄される特命係に左遷。それが2人のファーストコンタクトだった。

その後、2002年10月からシリーズ化(連ドラ化)され、足掛け9年、124話にわたって右京の相棒を務めた薫。

シリーズ卒業後は、回想シーンや登場人物の会話に何度か登場することはあったが、右京と直接連絡を取ったり、帰国時に会うなどの描写はなかった。

薫の人物像は、曲がったことが嫌いで、超が付くほどの熱血漢。

ただ、お人好しで楽天的な性格が災いし、面倒事に巻き込まれたり、自らトラブルを引き起こすこともしばしば。論理的な右京とぶつかることも少なくなかったが、数々の事件を解決していくうち、強い信頼関係で結ばれていった。

14年の時を経て再会することになる2人。この邂逅によって、『相棒』の世界に何が起こるのか。

◆水谷豊 コメント

亀山くんが帰ってくる。

そんな日が来ることを、杉下右京は何度か夢見ていたに違いない。過去に戻るのではなく、新たな未来にまた二人で向かうための再会を、右京は淡々と待っていたに違いない。 水谷豊

◆寺脇康文 コメント

まずはじめに、大好きな『相棒』に出演させていただくこと、そして14年ぶりに、僕の分身「亀山薫」を演じることができる機会をいただけることに感謝の気持ちでいっぱいです。

何より役者人生の師匠と言っても過言ではない、水谷豊さん演じる「右京さん」と、また“相棒”として、夢のような時間をともにできることを本当に嬉しく思っております。

仮面ライダー1号が帰ってきたように、相棒1号も帰って参ります! 今、流行りの言葉にすると、「シン亀山薫」でございます!

特命係を去って、サルウィンに渡った薫ちゃんが、どうやって戻ってくるのか! 皆さん! 楽しみに待っていてくださいね!

※番組情報:『相棒season21
2022年10月スタート!【毎週水曜】午後9:00~9:54 (2クール)、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事