テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『アメトーーク!』16年ぶりのリベンジ企画が実現!千鳥が久々に“後列”で登場のワケ

6月16日(木)のアメトーーク!では、16年ぶりのリベンジ企画「baseよしもと芸人…その後」が放送される。

16年前に開催した、大阪の劇場で活躍していた4組が登場する「baseよしもと芸人」。

今回実現したリベンジ企画では、笑い飯、麒麟、千鳥、とろサーモンが当時の映像を見ながら反省会を行う。

16年前と同じ席ということで、久々に後列で登場した千鳥。「千鳥さんがあの席に座ってるのを久々に見た」というせいや(霜降り明星)や草薙航基(宮下草薙)に、大悟(千鳥)は「当時のVTRをせいやと草薙に見られるの恥ずかしい…」と苦笑い。

川島明(麒麟)も「全力を出し切ったはずなのに、毎分事故っていた(笑)」と戦々恐々の様子で…?

「当時を振り返って反省会!!」では、「一番、〇〇な奴」というテーマでトークを繰り広げた前回の「baseよしもと芸人」の映像を見ながらメンバーが猛省することに。「皆さん、ミスしているイメージがない」というせいやだが…?

16年前、「一番、イタイ奴」で名前を挙げられたノブは、緊張のあまり大パニック。大早口でほかの人に無理やりパスを出すシーンや、あまりにヒド過ぎてカットされた未公開シーンまで放送されてしまい、「こんなもん流すな!」と思わず絶叫してしまう。

さらに、哲夫(笑い飯)とノブのエピソードトークには、川島が「ノブがスペイン語かと思うくらいペラペラ早口でしゃべってる(笑)」と大爆笑。急きょ、今のノブならちゃんと哲夫にツッコめるのかを検証してみることになるのだが…。

その後も、ほかの人のVTRを振り返っているはずなのに、蛍原徹が「ごめん…どうしてもノブが気になる(笑)」と爆笑。“テンパリMAX”で何やら様子のおかしいノブの表情とは? さらに、川島が「このときあかんかったんはノブやな!」と言いはじめて…。

また、「一番、〇〇な奴」をテーマにトークを繰り広げた16年前から変わったところや変わらないところも大暴露。芸人以外の活動も手広く行うようになった田村裕(麒麟)や哲夫の現在とは?

ほか、当時のエンディングには“幻の1テイク目”があったことも判明。今回は、その幻のシーンを特別にノーカット版で公開することに。

さらに、グダグダで終わったこの幻のシーンを踏まえ、今回は事前に4組がガッツリ打ち合わせ。

はたして、無事にリベンジを果たして素晴らしいエンディングを迎えることはできるのか?

※番組情報:『アメトーーク!』「baseよしもと芸人…その後」
2022年6月16日(木)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事