テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

島崎遥香、佐野岳との結婚生活スタート!和装姿で「理想の奥さんになれるよう頑張ります」

6月3日(金)に「ABEMA SPECIALチャンネル」にて放送された『私たち結婚しました 3』

同番組は、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された国民的大ヒット番組『私たち結婚しました』を日本版にリメイクした、「ABEMA」オリジナルの結婚モキュメンタリー番組。

今シーズンは、佐野岳と島崎遥香のペア、中田圭祐と川島海荷のペアの2組が結婚生活を送っている。MCはお笑いコンビ・千鳥のノブと俳優の三浦翔平、シーズンゲストとしてタレントの高橋みなみが出演する。

◆島崎遥香、夫・佐野岳を「完璧な人」と称賛!

記念すべき初回放送では、佐野と島崎が和装姿で対面。初の“ラブミッション”のもと、夫婦としての心意気をそれぞれ宣言することに。

まずは夫である佐野が「素敵な家庭を作ります!」と大声で勢いよく宣言。夫に続く形で妻の島崎が「佐野さんの理想の奥さんになれるよう頑張ります」と可愛らしく宣言し、結婚生活への意気込みを示す。

その後、結婚生活を送る新居を見学しにいくことに。利便性を冷静に検討する島崎に対し、「テラスあるよ!最高!」「シャンデリアもあるよ」など明るく内見を楽しむ様子の佐野。

1軒目の内見を終えて佐野が「今のところどう?」と投げかけると、島崎は「次行こうって感じ!」と即座に返事をし、要領のいい様子を見せる。

内見を終えた島崎は佐野の印象を「完璧な人だなと思いました。何でもプラスに変換できる人はいいなと思います」と、物事を楽しむ“夫”の魅力を称賛。そんな2人の様子に、SNSでは「これからの2人の変化が楽しみ」「見てて微笑ましい」などの声が多数寄せられた。

◆高橋みなみが語る“ぱるる攻略法”

内見を終えた2人は、島崎が好きなかき氷屋へ。

かき氷を食べながらお互いのことを深掘りする中で、自分が出演した作品は見たくないと明かす島崎。一方で佐野は「俺、めっちゃ自分のこと好き。必ず見る」と告白。島崎は「自分のこと好きな人っていいな」と、真逆の性格である佐野の話に興味津々な様子を見せる。

さらに島崎は、「バレンタインとか忘れがちなタイプ?」と質問。佐野が「そうだね」と答えると意見の食い違いが発生し…。しかし島崎は、「悲しい…私は大事にしたい」と正直な思いを伝え、可愛らしい一面を披露。

佐野は島崎の考え方に寄り添う姿勢を見せ、理想の夫婦像に近づくため価値観をすり合わせた。

続いて、佐野おすすめのキックボクシング体験に向かった2人。そこで佐野に託された“ラブミッション”は、「妻に楽しんでもらえるよう、ひたすら褒めまくってください」という内容。

「うまいね」「センスがあると思う」などポジティブな言葉をたくさんかけていくものの、島崎が「本当に?嘘っぽいな~(笑)」と疑いの表情を見せる場面も。

「作戦失敗…」と落ち込む佐野の様子をスタジオで見ていた高橋は、元AKB48の先輩として、「(ぱるるは)相手に自然体でいてほしいと思っている。誰かに気を遣わせるのが好きじゃない」と“ぱるる攻略法”を紹介。

また、「男性といるぱるるを見たことがないので、こんな感じなんだなってびっくりです」と、番組を通して見られる新鮮さに驚いていた。

※番組情報:『私たち結婚しました 3
毎週金曜夜11:00~11:30、ABEMA SPECIALチャンネル

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事