テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

「早く次のライブの打ち合わせがしたい!」ももクロ・高城、お笑いライブ熱が急上昇!

「ももクロちゃんと、〇〇〇!」をキーワードに、ももいろクローバーZがさまざまなモノや人と出逢い、新たな発見をする“アンコントロールバラエティ”『ももクロちゃんと!』。

今回、ゲストで登場したのは、お笑いコンビ・タイムマシーン3号。さっそくタイムマシーン3号・山本浩司が「ふたりはお笑いライブ観ますか?」と質問すると、佐々木はプライベートでもルミネtheよしもとに行ったことがあると答える。

タイムマシーン3号いわく「お笑いはやっぱり生!」ということで、今回はお笑いライブ制作会社・K-PRO代表の児島気奈さんがももクロにお笑いライブの魅力をレクチャー。K-PROは月に50本ほどのお笑いライブを主催しており、数多くの若手芸人が活躍するお笑い芸人の登竜門的な場を提供している。

『ももクロChan』での共演をきっかけに、お笑い芸人・永野とのお笑いライブ『永野と高城。』を何度も開催している高城。なんと児島さんもそのライブを観たことがあり、「びっくりするくらいおもしろかった」とのこと。

ここから、お笑いライブが開催される劇場を紹介していく。

2021年にオープンした「西新宿ナルゲキ」は、女性のお客さんも多く集まるなど気軽に行きやすい雰囲気が魅力。「生のライブは芸人の原点」「その瞬間にしかない笑いが生まれる」と、タイムマシーン3号もお笑いライブのおもしろさを熱弁する。

「関東お笑い界の母」という異名をもつ児島さん。名だたる芸人たちがK-PROのライブで腕を磨いており、事務所の垣根を越えてさまざまなお笑いを生み出してきた。

そんな児島さんによると、ネタ中に、舞台袖に芸人が集まる「舞台袖視聴率が高い芸人」は間違いなく売れるという。「アイドルフェスでも、ほかのアイドルが見てくれるとうれしいもんね」と佐々木。

かつてはタイムマシーン3号も、1年目からK-PROのライブに出演してきた。当時のふたりについて、児島さんは「ちゃんと目の前のお客さんとコミュニケーションを取りながら笑いを取っていた、自分たちのアピールがうまい芸人さんだった」と思い出を語る。

当時はK-PROのライブしか仕事がなかったというタイムマシーン3号は「あのときライブがなかったら辞めていたと思う」としみじみ。

「自分で見ておもしろいと思った芸人さんには続けてほしいから、できるだけ裏方があと押ししてあげたい」と児島さん。高城も「はやく永野さんと次のライブの打ち合わせがしたい!」と語るなど、お笑い愛があふれる放送となった。

※番組情報:『ももクロちゃんと!
2022年6月4日(土)深夜3:20~、テレビ朝日

※『ももクロちゃんと!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事