テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『警視庁・捜査一課長』スーツが全然似合っていない遺体!事件の背後に覆面グルメライター

捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描く警視庁・捜査一課長 season6

本日5月19日(木)放送の第6話では、“スーツが全然似合っていない遺体”が見つかる。

殺されたのは、大阪府警を退職したばかりの元刑事と判明。彼女はなぜ、“まったく似合っていないスーツ”を着ていたのか!?

事件の背後に見え隠れするのは、サングラス姿の覆面グルメライターの存在だった。

そして、石崎ひゅーい演じる謎のミュージシャン・日向石雄が1年ぶり再登場!

大岩は“見た目”に惑わされず、真実を見極めることができるのか?

◆第6話あらすじ

“スーツが全然似合っていない遺体”が見つかった!

警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)が臨場したところ、被害者は若い女性で、なぜかサイズの大きなメンズのスーツを着用していた。

何者かに階段から突き落とされて殺害されたようだったが、現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、被害者が外見と内面にギャップを持ち、自らを表現できずに悩んでいたのではないか…と直感する。

まもなく、被害者のスーツのポケットから、1枚の名刺とカードキーが見つかった。

名刺にはフリーライター・七井路美(加藤小夏)と記されており、検索した結果、路美は正体を明かさずに飲食店を訪れては記事を書く覆面グルメライターらしいとわかる。

1枚だけ所持していたということは、被害者は路美から名刺をもらったのだろうか。真琴は現場近くで路美らしき女性を見つけて直撃するが、サングラス姿の彼女は人違いだと言い張って…。

やがて、被害者の身元は先月退職した大阪府警の元刑事・諸星秋子(篠原真衣)と判明。

先輩刑事・宇田川奈衣(宮本真希)によると、秋子は退職する直前まで大阪で発生した個人投資家強盗未遂事件の捜査を担当していたとわかる。

一方、カードキーは現場近くにあるリサーチ会社のものと判明。

防犯カメラ映像をチェックすると、事件の夜、秋子らしきスーツ姿の人物がカードキーを使って侵入し、その会社の社長・本庄忍(ハマカワフミエ)のデスクをあさっていたことが発覚する。いったい何を探していたのか!?

カードキーは契約ライター・片石耕哉(曽田陵介)に配布されたものであることも判明するが、片石は行方をくらましていて…。

そんな中、秋子の部屋を捜索した真琴は、秋子と日向石雄(石崎ひゅーい)の2ショット写真を発見する。

日向は昨年、ある殺人事件で大岩たちが2度も事情を聴いた謎のミュージシャンだったが…!?

※番組情報:『警視庁・捜査一課長 season6』第6話
2022年5月19日(木)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

※『警視庁・捜査一課長 season6』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では地上波放送終了後にドラマ本編を配信。また、過去全シーズン&スペシャルドラマも見放題配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事