テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

モグライダー芝×オズワルド伊藤、焚き火を前に本音で語る!「漫才の最高傑作といえば?」

5月1日(日)、テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』にて、新オリジナルトークバラエティ企画「焚き火で語る。」が配信された。

この企画では、「焚き火の前で話せば…2人の仲が溶け合う」をコンセプトに、さまざまな芸能人2人をマッチング。仕事観、生き方、恋愛にまつわることなど、普段は出てこない本音を語り合う“本音トークバラエティ”だ。

現在配信中の第1話に登場しているゲストは、『M-1グランプリ2021』ファイナリストのオズワルドの伊藤俊介とモグライダーの芝大輔。番組が用意した7つの質問(漫才、未来、過去、先輩、後輩、恋愛、お金)と、お互いに持ち寄った質問2つ、合計9つの質問について焚き火の前で語り合う。

2人が最初に選んだのは「漫才の最高傑作といえば?」という質問。これに対して2人は「ブラックマヨネーズ」と「笑い飯」と回答。M-1ファイナリストから見た歴代M-1王者の凄みとは一体どんなところなのか?

そして、芝が昔テレビ番組で見ていまだに忘れられないという“とある芸人”の漫才について語りはじめると、伊藤もその内容に衝撃を受ける。一方の伊藤からは、吉本興業「伝説の一日」の舞台裏が語られる。31年ぶりのダウンタウンの漫才を、現役のM-1戦士はどう見たのか?

次に2人が選んだのは「人間として憧れる先輩は?」という質問。芝から語られたのは、ハリウッドザコシショウがR -1グランプリ優勝直後に放った名言の話。「とうてい敵いませんよ。そりゃこんだけみんなから慕われる」と話すほどかっこいいザコシの武勇伝が明らかに。

なお、5月8日(日)に配信予定の第2話では、「お金」「後輩」「過去」「未来」について語り合う。モグライダー芝がリーゼントヘアーにする本当の理由や、芸人のリアルな懐事情を赤裸々告白する。

※配信情報:『焚き火で語る。』(動画、はじめてみました)
2022年5月1日(日)から3週連続で日曜よる8:00に配信

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事