テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『家政夫のミタゾノ』第5シリーズ、ついにスタート!ティモンディ高岸がゲスト出演

松岡昌宏主演の痛快“覗き見”ヒューマンドラマ家政夫のミタゾノ

2年ぶりとなるシリーズ5作目の初回が、4月22日(金)ついに放送される。

レディース同士の抗争、その真ん中で犬を抱きかかえ佇む三田園薫(松岡昌宏)――『家政夫のミタゾノ』は今シリーズも絶妙なシチュエーションで幕を開ける。

抗争の場でたまたま出会った元レディースのリーダー・本仮屋素子(山本舞香)はすっかり三田園に惚れ込み、「姐さん」と慕って「むすび家政婦紹介所」へ。

新人家政婦となった素子、そして相棒の村田光(伊野尾慧)とともに三田園が向かったのは、理事長のセクハラ問題に揺れる私立栄林学園副理事長・林田正美の自宅だった。

古めかしい校則に縛られた学園の体質を変えようと、話し合いが行われようとしているなか、三田園はこの家にうごめく思惑を察知。泊まり込みでの業務を申し出る。

はたして、そこで三田園が“覗き見た”ものとは?

理事長の娘にして学園の副理事長を務める林田正美を演じるのは観月ありさ。松岡と四半世紀ぶりのドラマ共演となる今作で芝居合戦を繰り広げる。

そして第1話の放送には、人気お笑いコンビ・ティモンディの高岸宏行も出演。

現在放送中のNHK大河ドラマにも出演するなど、俳優としてのキャリアも着実に積み上げている高岸がテレビ朝日のドラマに初登場。

『家政夫のミタゾノ』で、三田園薫といったいどんな絡みを見せるのか?

◆松岡昌宏(三田園薫役)コメント

『13歳のハローワーク』以来の共演となる(山本)舞香がすごくいい風を吹かせてくれています。

彼女は子どもの頃から変わっていない、近所のお姉ちゃんみたいな存在で、現場でも「アニキ、アニキ」って言いながら僕の後ろをついて回っています(笑)。ドラマの中では「姐さん」って呼ばれてるんですけどね…(笑)。

そして真ん中にはふにゃふにゃした伊野尾(慧)がいて、すごくいいバランスで第5シリーズが始まった気がしています。

『家政夫のミタゾノ』がスタートした時は30代でしたが、僕も今年45歳。その歳、その歳でしかできない三田園薫ができていると思います。

そして、時事ネタがたくさん盛り込まれているのもミタゾノならでは。見てくれた皆さんが、「三田園が斬ってくれた」っていう爽快感を持って楽しんでいただけたらうれしいです。

こんな時代ですので、肩の力を抜いて、お酒でも一杯飲みながら家族皆さんで楽しんでください。

※番組情報:金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』第5シリーズ 第1話
2022年4月22日(金)よる11:15~0:15、テレビ朝日系24局(一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事